森六 (そば/越前市/福井県)~豊かな水と気候に育まれた伝統的な「越前そば」の140年続く名店!

歴史を感じる建物が多い越前市でもひと際、重厚感のある店構え

歴史を感じる建物が多い越前市でもひと際、重厚感のある店構え

森六の「越前おろしそば」

森六の「越前おろしそば」

福井県出身の私が、今これを読んでいる皆様に来福された際には是非食べて欲しい郷土料理が2つあります。1つが「ソースカツ丼」、そして2つ目が「越前そば」です。

「ソースカツ丼」に関してはオススメのお店はすぐに思いつくのですが(すでに別コラムで紹介済み)、「越前そば」に関しては歴史あるお店が数多く、地元の人でもそれぞれの好みがあり意見が分かれますので1つ選ぶのは難しいところです。

ちなみに「越前そば」とは大根おろしで食べる冷たいお蕎麦で、実だけを挽いた一般的な蕎麦とは異なり、蕎麦殻も含めて挽くため黒っぽく歯ごたえのある硬い食感が特徴です。昭和天皇が昭和22年の福井巡幸の際に蕎麦を召し上がって、普段は滅多にしないおかわりを珍しく希望されたそうです。「あの越前の蕎麦は美味しかった」と折に触れ懐かしがられたことから「越前そば」の名が全国に広まりました。

古民家を利用した店内では庭が眺められ、風流なひとときを過ごすことができます

古民家を利用した店内では庭が眺められ、風流なひとときを過ごすことができます

「越前そば」の名店とされるお店は沢山ありますが、中でも由緒正しいお店は越前市の蕎麦屋でしょう。
蕎麦を福井に広めたのは江戸時代初めに府中領主としてやってきた本多富正。京都から府中に赴任する際に蕎麦師の金子権左衛門を連れて行くほど蕎麦好きだった富正が福井県での蕎麦作りや蕎麦食を定着させたと言われています。ちなみに府中とは現在の越前市の中心部で、越前国の守護所が置かれた場所です。

そんな越前市の蕎麦屋の中で、今回ご紹介するのは「森六」です。
森六は明治時代から140年続く老舗で、かの料理の鉄人・道場六三郎氏を始めとした著名人が好んで口にした蕎麦として、数ある越前そばのお店の中でも評判の名店です。辛いおろし大根と黒くて太い蕎麦の、まさに「越前そば」のイメージぴったりのお蕎麦を出してくれます。

せいろは十割と思えないほどののど越しの良さ 写真は「スペシャルせいろそば」です

せいろは十割と思えないほどののど越しの良さ 写真は「スペシャルせいろそば」です

森六を訪ねてみると、歴史ある家屋が並ぶ越前市においても140年の重厚感のある店構え。お店の前にはすでに入店待ちのお客がいましたが、しばらくすると運よくすぐに入ることができました。

お店には定番の「おろしそば」や「せいろそば」に加えて「かけそば」「すだちおろしそば」などのメニューがありました。私は「おろしそば」のほかに「スペシャルせいろそば」をオーダー。最初に運ばれてきた「おろしそば」。甘辛い大根おろしとツルツルと喉ごし良く香り高い蕎麦は噛めば噛むほど味わいが増す様です。あまりの美味しさにペロリと完食。大根おろしの入っためんつゆも飲み干してしまったほど。

ほどなく「スペシャルせいろそば」も運ばれてきました。「スペシャルせいろそば」とは通常の「せいろそば」に加え、刻み柚子や粒うにといった薬味がつきます。「おろしそば」は二八蕎麦なのに対し、「せいろ」は十割。麺だけでも本来の蕎麦の風味を楽しめるのが「せいろそば」の良さです。十割蕎麦はつなぎが少ない分ブツッブツッと切れてしまうのが一般的ですが、森六の十割蕎麦はそれでもツルツルと美味しく食べられるのが不思議です。

店内は狭く、提供までの時間がかかることがやや難点ではありますが、それでも食べに来る価値のあるお蕎麦です。普通盛りは少なめの量ですので十割の「せいろ」と二八の「おろしそば」を両方をご賞味いただくのがおすすめです。来られる際はお腹をすかせて訪れてくださいね!

レストラン名森六
ジャンルそば
住所福井県越前市粟田部町26-20
TEL0778-42-0216
予算〜¥1000
座席8席
個室なし
予約の可否不可

 

ペンギン案内人6号/橋本 康弘

タイトルとURLをコピーしました