大阪 エクセルホテル東急(本町/大阪市/大阪)~お寺とホテルが一体化!?

新しいホテルだけあって清潔感のある室内。落ち着く空間です。

新しいホテルだけあって清潔感のある室内。落ち着く空間です。

大阪のメインストリートである御堂筋。ビジネス街やブランドショップなどさまざまな顔を持つこの通りですが、特に11月の頭から年末まで行われるイルミネーションが綺麗で、そこを通るのが大阪旅行の楽しみの一つでもあります。
今回私が大阪旅行の拠点として選んだのは、そんな御堂筋に面した「大阪 エクセルホテル東急」です。2019年の秋に出来たばかりだというこのホテルは、利便性の良さは勿論のこと、ビジネスホテルとは思えないほど高級感がありコスパの良いホテルでもあります。私が行った時はGoToの期間だったこともあり、1人当たり4,000円ほどで泊まることができました。
それだけ聞くと普通のホテルっぽいですが、ここが他と違うのはそのつくりにあります。なんとここ、真宗大谷派難波別院(南御道)という400年以上の歴史を誇るお寺の中にあり、山門がホテルと合体している他に例を見ない超ユニークなホテルなのです!

光が当たると壁に模様が浮かび上がる素敵なライト!

光が当たると壁に模様が浮かび上がる素敵なライト!

山門とホテルが合体ってどういうこと?と思われる方がほとんどだと思いますが、本当にそのままの意味。ホテルの一部分がまるでゲートのように削られているつくりになっていて、お寺に行くならホテルを文字通りくぐって行かなければなりません。
どうしてこのような形になったのか謎ですが、そういえば大阪には高速道路がビルの中を突っ切るという珍百景もあったなぁと思いだしました。さすが大阪、発想がぶっ飛んでいます。モダンな山門の先にあるお寺というのはなんとも不思議な光景。夜にはライトアップもされ、少し近未来的なお寺の姿が見られるのです。

やっぱりシステムバスが便利。足も伸ばせて快適です。

やっぱりシステムバスが便利。足も伸ばせて快適です。

寺院山門一体型ホテルということもあって、「大阪 エクセルホテル東急」は伝統と革新をテーマにした内装が特徴的。フロントには大阪の賑わいを彷彿とさせるようなビビットカラーのインテリアが置かれ、客室には大阪万華鏡をコンセプトにしたアイテムが散りばめられています。特に各部屋にあるというペンダントライトは緻密な細工が施されており、光が当たると部屋の壁に万華鏡のような美しい模様を映し出します。
また高層ビルのため夜景も美しく、大阪のネオンをお部屋からたっぷり味わえるのも嬉しいポイントでしょう。バスルームも清潔感のある日本式のシステムバスなので、疲れた身体を癒すのにももってこい。加えてコインランドリーやフィットネスジムなど館内施設も充実している「エクセルホテル東急 大阪」。利便性の高いこのホテルは、ビジネス目的だけでなく家族や友人、恋人同士などさまざまな層にオススメできるリーズナブルなホテルなのです。(2020年12月訪問)

旅館名大阪エクセルホテル東急
住所大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-15
TEL06-6252-0109
お風呂洗い場付き浴室
予算2名1室利用の場合、1人¥4,900~(食事なし)
露天風呂付客室無し

 

ペンギン案内人5号/川崎 彩乃

タイトルとURLをコピーしました