日本料理 とくを(日本料理/木屋町四条/京都)~木屋町の本格京料理店

北海道出身の友人も思わず唸る刺身。ウニがめちゃくちゃ甘い!!

北海道出身の友人も思わず唸る刺身。ウニがめちゃくちゃ甘い!!

スッポンの茶碗蒸しは生姜の風味がして温まる一皿。

スッポンの茶碗蒸しは生姜の風味がして温まる一皿。

グルメ好きな友人と計画した京都旅行。「せっかく京都まで足を運ぶなら一度は美味しい京料理を食したい!」そんな考えから某グルメ情報サイトで検索をするも・・・高い!高すぎる!!5万円~ってなに!?評価が高いお店は軒並み価格設定が頭1つも2つも抜きん出ていて、とてもじゃないですが20代女子には払えない金額。特に祇園なんてそんなお店ばかりで、はなから若年層なんてお呼びじゃない感がひしひしと伝わってきます。

千枚漬けの中に鯛のお寿司が入った一品。真っ白ですが味は美味。

千枚漬けの中に鯛のお寿司が入った一品。真っ白ですが味は美味。

どうしたものか・・・そんな風に頭を悩ませていたところ見つけたのが、木屋町通にお店を構える「日本料理 とくを」です。カウンターと座敷を含めて16席ほどの小ぢんまりとしたこのお店。派手さはないものの、素朴な昔ながらの割烹スタイルが人気を呼び、食べログアワードで4年連続ブロンズを受賞している実力派なのです。そして何より安い!もちろんめちゃくちゃ安いわけではありませんが5万円~の料理店に比べれば可愛いものです。しかも今回はGoTo Eatキャンペーンで割引があったので、コース自体は1万5千円ほどで抑えることが出来ました。
では肝心のお料理はと言うと、これがなかなか美味。たしかに驚きがあるような品ではありませんが、どれも丁寧に作られていて全く飽きの来ない味なのです。調理自体はシンプルなのにここまでの料理に仕上げているのは、店主の徳尾真次氏が自ら市場へ足を運び、全国の美味い食材を厳選しているから。時には、良いものを見つけたら赤字覚悟で仕入れてしまうこともあるそうで、「美味しいものを提供したい」という料理人としてのプライドを感じます。

定番のヒレ肉は火入れが抜群で、山葵と一緒にいただくのが最高。

定番のヒレ肉は火入れが抜群で、山葵と一緒にいただくのが最高。

また「とくを」の良いところはお店の空気感にもあります。どんなに味が良くても接客がイマイチだとお店全体の印象が悪くなってしまうものですが、ここは高級店にしてはかなりアットホーム。実は家族が共働きで、みんなで揃って食事をする一家団欒の時間に憧れを抱いていたという徳尾氏。だからこそ「温かい空間」というのを大事にしているそうで、スタッフの皆さんのさりげない心配りやフレンドリーさが光るお店なのです。明らかに私たちが1番の若造でしたがそんな柔らかい空気のおかげで肩ひじを張らずに食事をすることが出来ました。やっぱり「値段が高いから良いお店」とは限りませんね。お値段以上の料理とサービスで大満足の食事になりました。(2020年12月訪問)

レストラン名日本料理 とくを
ジャンル日本料理、かいせき
住所京都府京都市下京区木屋町通り仏光寺上る天王町151
TEL075-351-3906
予算ランチ¥10,000~ ディナー¥15,000~
座席16席
個室有り
予約の可否予約可

 

ペンギン案内人5号/川崎 彩乃

タイトルとURLをコピーしました