Reglisse  レグリス (フレンチ/六本木/東京)~オープン1年、シェフの丁寧な仕事がわかるヒルズの中のフレンチ

前菜のガルグイユ、フレンチで生の野菜が出るのは嬉しい

ハンバーグより惹かれてしまったこの季節だけの付け合わせのメイン料理

姪は美味しいものを食べるとLINEで報告をしてくれます。六本木ヒルズにある「レグリス」もフォアグラ入ハンバーグを食べましたと連絡が来て、姪から教わったお店です。
1日10食限定で1.000円(消費税、サービス料別)のランチがあるのだそうで、食べてみたいので連れて行ってとお願いしました。

低温でゆっくりと時間をかけて火入れをすることでトロトロに固まりこの口あたりになるらしい。

レグリスとはリコリス(甘草)のこと、ヨーロッパでは飴やお菓子にもよく使われます。
当日は、2.800円のコースを選びました。
アミューズは、チーズ、トマト、椎茸、3種類の塩味のマドレーヌ。ケークサレのマドレーヌ版があってもいいですね。前菜のガルグイユは彩りが綺麗、メインのお肉はフォアグラも付け合わされていて満足、デザートは初めて食べる口当たりのプリンで美味しい、思わずスタッフの方に理由を伺ってしまいました。(お土産にいただいたリコリスのカヌレも美味しかったです。)
便利なアプリの使い方を教わったり楽しい時間はあっという間に過ぎます。最近、一緒に出かけると自分の分は支払おうとする姪、アルバイトを始めてなんか大人になったなと感じます。

雉子の尾の左側から2本目をかざると縁起がいいらしい

帰り際、波多野猛シェフが挨拶に来てくれたので、ちょうど今月オープン1周年記念の特別メニューに鹿の料理が出るとのこと。他にも熊などもメニューに提供されることがあるらしく、フレンチの熊料理は食べたことないなと思いました。
シェフがジビエが得意なのは外苑にある「ラミ・デュ・ヴァン エノ」で修業をされたから。11月15日に日本の猟も解禁されたとかで色んな話を教わることが出来ました。
慌ただしい平日のランチなのに、シェフが帰りにお店の入口でお客さまを見送られていました。
最後のご挨拶をした時に、入店する時から気になっていた入口にある看板にしつらえている鳥の羽が縁起物であることを教えていただきました。
帰りの電車でフォアグラハンバーグを食べたかったことを思い出し、はい、また行きます。(2020年11月訪問)

レストラン名レグリス
ジャンルフランス料理(フレンチ)
住所東京都港区六本木6-12-2 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り3F
TEL03-6804-3306
予算ランチ 1,000円~ ディナ-6,500円~ (共に税サ別)
座席24席
個室あり
予約の可否

 

ペンギン案内人10号/磯田 直子

タイトルとURLをコピーしました