モーニング(カフェ/郡山市/福島県)~ヨーグルトの名店モーニング本店でモーニング

初めて伺った本店、訪問した日はとても良い天気

入口入って左側が売り場、右側がゆっくり出来そうな喫茶室階段を上がるとギャラリーがある

主人と車で旅に出る時はだいたい朝3時頃に家を出ます。混まないうちに旅先に着くことで時間を有効に使うためですが、実は高速代もお得です。
私の旅の目的は宿自体なのでそれ以外の工程は基本主人にお任せ。主人の旅の計画は、私の父に似ていてとても綿密で、朝は必ず日帰り温泉と朝食からスタートします。
今回の朝食は、福島の方面へ行くと必ず寄る、郡山駅の近くにあるUSUIという百貨店の地下に入っているヨーグルト専門店「moning」の本店で食べる予定になっていたので心の中でガッツポーズ。

フレンチトーストは家では作らないのでまた行く予定を作ろう

「moning」は、プレーンヨーグルトの他に季節のフルーツやアロエ、ナタデココなどの入った贅沢なヨーグルトが食べられ、東京では買うことが出来ない味です。本店は広めのショップと喫茶室があり、朝の光を浴びながらゆっくりと朝食を食べる時間。普段がせわしないのでとっても幸せ、美味しい朝食付きだから言うことがありません。朝の限定メニュー、朝のプレートセットも良かったけれど、今回は、終日頼めるフレンチトーストセットとヨーグルトのアソートを選びました。今の季節限定はラフランスの果実入りヨーグルト、アソートはあと2種類ブルーベリーとキウイとアロエヨーグルトでした。頼んだセットは、美味しいフレンチトーストとバナナとアイスクリームというこれ以上ない幸せな組み合わせのセットでした。定番のヨーグルトやロールロールというヨーグルトを巻いたデザートの他にヨーグルトが量り売りだった。売り場が広いので生のケーキや見たことのない商品もあって、テイクアウトメニューも充実していました。

ギャラリーの水郡線駅舎の展示、普段知らないことを教わるのは旅の醍醐味の一つ

ふと見ると2階はギャラリーになっていて、時間があったので見に行きました。この日は佐々木麻里さんの水郡線(すいぐんせん)駅舎の鉛筆画の展示でした。作者自身も会場にいらしたので作品について教わることが出来ました。水郡線は、昨年秋の台風19号の被害で現在袋田駅から常陸大子駅までが不通区間になっていて修復工事中、2021年7月に全線開通予定で郡山から水戸駅の終点までまた行けるようになるそうです。色鉛筆画は一駅一駅アングルが違い、人が入っているものもあり、開通したらまだ描いていない駅も描いて全駅の作品になるそう。かなりの枚数の作品に作者の思い入れを感じ、朝から豊かな時間を過ごせたと思いました。(2020年11月訪問)

レストラン名モーニング
ジャンルカフェ
住所福島県郡山市菜根5-12-10
TEL024-938-0762
予算550円~
座席40席
個室なし
予約の可否

 

ペンギン案内人10号/磯田 直子

タイトルとURLをコピーしました