ベーカリー&レストラン 沢村 新宿 (カフェ/新宿/東京)

お洒落なお店だけどフードホールなのでどのお店も入りやすい

海老アレルギーの夫を持つ身で、普段食べられないエビのメニューははずせない!

新宿の南口改札と新南口改札の辺りに高速バスターミナルバスタ新宿が出来て久しいですが、この辺り綺麗に整備されていて、この間ようやく時間が出来たので散策をしてみたら、なんとNEWoManのフードホールの中に夏の軽井沢に行った時にとても気になっていたベーカリーレストラン沢村がありました。
黒を基調としたとても素敵なフードホールの中に入っていて良さそう。早速パン好きの友人を思い出し、一緒に行ってみました。

ビールとよく合うフィッシュ&チップス

実は2人とも少し早く着き、せっかくなので隣のoyster barで0次会、軽く飲みながら産地の違う牡蠣を3つずつ、レモンやトリュフオイル、スモーキーな味になるスコットランドのボーモアのウイスキーのスプレーなどと共にいただき、時間になったらお店を変えて、こういう楽しみ方を共有できる同じ価値観の友人はありがたいし、実は新宿にはこういう使い勝手の良いお店ってなかったなと思います。
念願の沢村はランチとディナーでメニュー構成が違いランチはサワムラベーカーズバーガーやフィッシュバーガーなどの軽食を食べることが出来、夜はアルコールと共に楽しむタパス中心です。ニース風サラダやエビマヨ、フィッシュ&チップスなどビールと共にいただきました。サッポロビールの白穂乃香が置いてあるのが嬉しい。料理は、ポーションが大きめなのでお店の方に確認しながら注文されると良いと思います。

0次会で食べた産地の違う牡蠣の盛り合わせ

初めて食べた沢村のバゲットやパンはパンによって20種類もの小麦粉を使い分け、ミネラル分の高いカンホアの塩や奄美大島原産のサトウキビで作られた砂糖など素材にこだわって作られるもの、小麦の味と甘みがきちんと感じられておすすめです。ランチのベーカーズバーガーも食べてみたいし、NEWoMan の別の場所に80種類もの沢村のパンを珈琲と共にイートインで食べることが出来るところもあるみたいなので、また利用させていただきます。
(2020年10月訪問)

レストラン名ベーカリー&レストラン 沢村 新宿
ジャンルカフェ(ベーカリー)
住所東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan新宿 2F エキソト フードホール
TEL03-5362-7735
予算ランチセット 1250円から ディナーは単品で1000円前後から モーニングもあり
座席50席
個室なし
予約の可否

 

ペンギン案内人10号/磯田 直子

タイトルとURLをコピーしました