古稀庵 (湯田温泉/山口県)〜クイズ:県庁所在地の町中に湯量がたっぷりの温泉が!?それはどこでしょうか??

宿泊の翌日訪れた人気のパワースポット元乃隅稲荷神社。123基並ぶ鳥居は絶景。

 width=

山口県山口市湯田温泉。これが住所でした。てっきり町の郊外にあると思っていたら、山口市内に温泉があるとは驚きです。それも県庁所在地の町中なのに静かで緑もいっぱい、湯量も驚くほど豊富なのが不思議です。1日になんと2000トンもの天然温泉が湧き出ていて、しっとりすべすべの美肌の湯として知られています。
「古稀庵」は広い庭を持つ、全16室の高級温泉宿。故郷山口市の自然と文化を取り入れ「温故知新」の理想の宿を造ろうと、古希を迎えたオーナーが2011年7月オープンしたそうです。
すべての部屋に源泉かけ流しの専用露天風呂が付いています。洗練された快適な客室はシモンズ社のベッドが置かれた和洋室で、アメニティは海洋療法タラソテラピーで知られるタルゴジャパンの自然派のアメニティが揃えておるというこだわりも。タオルもたっぷり、ミニバーにはフリーで飲み放題のソフトドリンク、今では普通になりましたがエスプレッソマシーンやコーヒーセットなどひと通り揃っていて便利です。

 width=

私の泊まった離れの部屋は「瑠璃茉莉110」という69㎡+テラス部分13㎡。露天風呂のほかに、長さ7ⅿの本格的な温水プールが付いていました。夕食前のひと泳ぎ、そして朝起きてスイスイ泳ぎ、露天風呂へドボンを繰り返すと、いい運動になりお腹も空いてお食事がますます美味しくなりました。すごいのは水着の脱水機まで横に設置してあったこと。
大浴場は男女入れ替えなしで、かるがも(男性用)・みみずく(女性用)は内風呂と露天風呂がそれぞれあります。小ぶりですが心地よいお風呂で、風呂上がりに料理長手作りのアイスが置かれているのがまたすごい心配り。

 width=

お食事は中庭を眺める明るいレストランにて。お天気の良い日は外のテラスの食事も気持ちがいいものです。個室がよければあらかじめ希望を言っておくのがいいでしょう。
三方を海に囲まれた自然豊かな山口という土地柄、産地ならではの新鮮な魚介類、日本の四季に育まれた旬の食材を生かして、メニューの設定は味も量もすべてがバランスが取れ洗練されてちょうどいい味で、完食できたのがすばらしい!豆乳にバターを入れた洋風海鮮鍋はとりわけ絶品でした。
温泉良し食事良し。静かで寛げる環境もあって、町中でこんなに楽しめる旅館があるなんて、山口市の人が心底羨ましい私です。

旅館名古稀庵
住所山口県山口市湯田温泉2-7-1
TEL083-920-1810
お風呂大浴場 露天風呂
予算2名1室の場合 1人35000円~(2食付き)
露天風呂付客室全室源泉掛け流し露天風呂付き

 

ペンギン案内人2号/井原 三津子

タイトルとURLをコピーしました