御料理 古川 (日本料理/福岡市/福岡県)~オープンして1年でミシュラン2つ星獲得の快挙!正統派日本料理店のもてなし

福岡・天神に近いお店。入り口はこじんまりしている

福岡・天神に近いお店。入り口はこじんまりしている

鰆のつけ焼きは目の前で焼いてくれる

鰆のつけ焼きは目の前で焼いてくれる

福岡・天神の近く、住吉神社のそばにある「御料理 古川」。ひっそりと静かな外観ながら、暖簾をくぐると、中は木のぬくもりを感じるきれいな店内で、たくさんのお客さんの活気でいい感じの賑わいです。ご主人の古川誠氏は大宰府出身。大阪の味吉兆で13年修業後、奥様である女将さんの地元である福岡で独立。2018年7月にこのお店をオープンして、2019年度版ミシュラン福岡・佐賀編で2つ星をいきなり獲得するという快挙を成し遂げました。
ランチでお邪魔したのですが、おまかせコースがなんと5000円からというお得な設定です。ミシュラン2つ星のお店のお値段とは信じられないコスパの良さ。そのせいもあってか、平日の昼間なのに満席です。

き合せと漬物。漬物の大根もとびきり美味しい

炊き合せと漬物。漬物の大根もとびきり美味しい

お店に入って最初のお皿が出るまでに30分かかりました。コースはお昼なのに2時間半以上かかります。列車の時間があったので急いでいると言って2時間強かかるのは、ランチにしてもフレンチ以上の所要時間。平日のランチならもう少しスピーディーにする方がいいかと思いました。でもご主人と女将さん、スタッフで切り盛りしているから仕方がないのでしょうか。サービスは丁寧で感じよく、とりわけ女将さんは明るく社交的な方で、とても人気があるという話もわかります。
毎朝、柳橋市場から鮮魚を仕入れ、野菜は地元農家や京都、島根、広島などからも直送するそうで、こだわりの季節の食材を使った料理の数々は、どれもが正統派日本料理といえる素晴らしいもの。京風に薄味なのも私は気に入りました。

きのこが沢山入った炊き込みご飯は、女将さんが炊き立てを持ってきて披露

きのこが沢山入った炊き込みご飯は、女将さんが炊き立てを持ってきて披露

先付、お椀、造りの後に出た八寸は目でも愉しめる美しさ。シャインマスカットとナッツ類を合わせた白和え。タコのおろし和え。ほうずきの中に銀杏が入っています。3時間も低温で焼き上げたスイーツみたいな卵焼き。イクラとオクラを卵黄で和えた一品。どれもがひと工夫されたものでした。
鰆のつけ焼きの後に長茄子、冬瓜、海老芋、水菜の炊き合わせが出て、最後はきのこいっぱいの炊き込みご飯です。炊き立てのホカホカで最高の香り!
デザートはスイカと梨のゼリーが出た後、自家製饅頭と抹茶で終了。満ち足りたランチタイムでした。
ミシュラン2つ星なのにこのお値段でこの内容。ただただお客様に楽しんでいただきたいという、ご主人と女将さんのもてなしの心をひしひしと感じた次第です。 (2020年9月訪問)

レストラン名御料理 古川
ジャンル日本料理
住所福岡市博多区住吉3丁目9-2-1階
TEL092-409-6113
予算ランチコース 5000円から ディナーコース 1万円から
座席14席
個室あり
予約の可否完全予約制

 

ペンギン案内人2号/井原 三津子

タイトルとURLをコピーしました