オマージュ(フレンチ/浅草/東京)~浅草の食文化を体感!

トリュフが香るラビオリ。香りを逃がさないために蓋付きで登場します。

トリュフが香るラビオリ。香りを逃がさないために蓋付きで登場します。

雷おこし風味のブランマンジェ。中は液体状なのでひとくちでいただきます。

雷おこし風味のブランマンジェ。中は液体状なのでひとくちでいただきます。

観光客で賑わう浅草寺から少し外れた住宅街。ここでミシュラン2ツ星を獲得した人気フレンチが食べられることをご存知でしょうか。
ご紹介するのは、浅草で1,2位を争うフレンチレストラン「オマージュ」。こぢんまりとした店内はそれほど高級感を感じませんがオシャレな空間。着物姿のマダムがシャキシャキと接客してくれるスタイルは、東京の伝統文化が残る浅草という土地にピッタリです。今回は父のバースデーディナーとして利用させていただきました。

縞鯵と大根、キャビアの組み合わせが絶妙な逸品。

縞鯵と大根、キャビアの組み合わせが絶妙な逸品。

実は浅草が地元だという荒井シェフ。国内外で修業を積んだ彼が目指すのは、日本ならでは、東京ならでは、そして彼ならではの料理。食材は産地にこだわらず、その料理に一番合うと思ったものを日本やフランス、そして世界各国から仕入れているそう。そんなシェフが生み出す料理の数々は驚くほど繊細で創作性あふれる逸品。旬の食材の良さを引き立てるだけでなく、さらに隠された別の良さを引き出せるような料理を、というシェフの心がけが伝わってくるかのよう。特に印象に残ったのは「縞鯵」。薄く切られた大根に縞鯵を巻き、キャビアや食用のお花をトッピング。特製のクリームソースに絡めていただく品は、見た目にも美しく、そして何より味が素晴らしい。余計な塩気はなく、キャビアの優しい塩味と大根のかすかな苦みが味を引き立たせます。それがクリームと合わさることで一気に洗練された料理へと仕上がるのです。
またメインの前に出てくるフォアグラ料理もいぶりがっことの組み合わせが面白く、シェフの食材へのアプローチやその発想力に終始驚かされました。

甘鯛の松笠焼き。ウロコがパリパリで美味しい!!

甘鯛の松笠焼き。ウロコがパリパリで美味しい!!

「オマージュ」とはフランス語で「敬意」や「賛辞」を意味する言葉。食材とそれを育ててくれた生産者の方々、レストランに足を運んでくれる人、そして彼を支えてくれるスタッフや家族。そのすべてに感謝を込めてつけたという店名。そんな謙虚で素敵なシェフが作り出すものだからこそ、どれも優しく心に響く料理になるのでしょう。大事な日の食事をこのお店にしてよかった、そう思える最高のディナーになりました。

レストラン名Hommage(オマージュ)
ジャンルフレンチ
住所東京都台東区浅草4-10-5
TEL03-3874-1552
予算ランチ¥10,000~15,000 ディナー¥20,000~30,000
座席20席
個室無し
予約の可否予約可

 

ペンギン案内人5号/川崎 彩乃

タイトルとURLをコピーしました