花仙庵 仙仁温泉 岩の湯(仙仁温泉/長野県)~予約困難な秘湯

この宿のお風呂はどれもとても良かった、気分は探検?そろりそろりと歩く洞窟風呂

茶房「櫓」の窓際でビールをいただきながら夫婦で語らう

蔵元を巡る旅をするなど、長く本格的な日本酒の会を主催している友人がいます。
開催された会で日本酒を通じて初めて知り合った人達と話をしていた時に今まで行った宿でどこが良かったかという話題になりました。
宿にはいろんなタイプがあるので答えに窮していたら前の席の人が即座に「花仙庵 仙仁温泉岩の湯」の名前をあげました。これはぜひ行ってみなければ。

鮎が終わると夏に別れを告げる、見た時に歓声をあげてしまった一品

宿に電話をしてパンフレットを送ってもらい週末の空いているところを確認したらなんとほぼ1年後、そんなに予約が取れない程人気なのだと思い、その場ですぐに予約をしました。
花仙庵仙仁温泉岩の湯は、菅平の近くにある秘湯を守る会所属の宿で、大洞窟風呂「仙人の湯」があることで有名です。
山より湧き出る源泉そのままのお湯で洞窟風呂は混浴ですが、湯あみ着が用意されているので安心です。洞窟風呂以外にも空いていればいつでも入れる貸し切り風呂もとても素敵です。
また自然の多い広い敷地と人工的な宿の建物も極力自然のもので造作されていて人間に優しい空間で落ち着けます。

敷地内?散策している途中に見つけた立派な栗に感動

また、パブリックスペースが秀逸で特筆すべき、廊下の脇にある興味深い本が置いてあるスペースや、談話室、バーにもなる茶房「櫓」など部屋以外でも落ち着きたくなる場所がたくさん用意されています。普段はあまりバーなどは使用しないのですがあまりに素敵な空間なので夕食の最初のビールを茶房「櫓」で飲むことに。十分大人なのになんとなく大人になった気分で楽しめました。
食事は私の好みの食材勝負の料理、籠の中に盛られた秋の終わり鮎はススキも活けられていて写真を撮るのが難しかったのが思い出です。
朝方、敷地内を散策をしていたらありえないくらい立派な栗が落ちていて敷地の中とは思えないほど。季節を変えてまた行ってみたい宿ですがきっと予約がなかなか取れないのでまだ実現していません。
**ちなみこの宿はホームページもなくネット予約もできません。電話のみの予約となり、電話予約は11カ月前の毎月1日8時(1月は3日朝10時)からです。

旅館名花仙庵 仙仁温泉 岩の湯
住所長野県須坂市大字仁礼3159
TEL026-245-2453
お風呂洞窟風呂 大浴場 貸し切り風呂
予算28,600円~
露天風呂付客室あり

 

ペンギン案内人10号/磯田 直子

タイトルとURLをコピーしました