リストランテ イルレガーレ (イタリアン/赤湯温泉/山形県)~温泉街にトレーラーハウスのイタリアン出現!

食欲を落ち着かせると言われる青、はやる気持ちを抑えて料理と向き合う

食欲を落ち着かせると言われる青、はやる気持ちを抑えて料理と向き合う

鮮魚のカルパッチョ、食感の違いを楽しんでと書きたいが実は食感の違うものが苦手なので別々に味わう

鮮魚のカルパッチョ、食感の違いを楽しんでと書きたいが実は食感の違うものが苦手なので別々に味わう

お店を選ぶ時にこの人が美味しいと言っているなら行ってみようと思うアイコンになるような人はいないでしょうか。ここ最近気付いたのですが、私の中ではそういう存在は間違いなく料理評論家の山本益博さんだと思っています。
私の宿選びは面白い魅力的な「人」が何か新しい宿の取り組みを行なっていることがわかった時に一番、体験をしに行きたくなりますが、山本益博さんは料理の才能のある「人」がいるとどこにでもすぐにでも行きたくなるのだそうです。銀座ポーラビルに移った「厲家菜」、そして一度行ってみたい門前仲町の天ぷらやさん「みかわ是山居」そして「リストランテ イルレガーレ」も山本益博さんが勧めている記事を見て行きたくなったお店です。

素材そのまま楽しめる舟形マッシュルームのクリームスープ

素材そのまま楽しめる舟形マッシュルームのクリームスープ

リストランテ イルレガーレは庄内鶴岡にあるイタリアンの名店アルケッチャーノで料理長をしていたシェフのお店。旅をする時に一番の目的がレストランということはさすがにあまりありませんが、今回は間違いなくイルレガーレのディナーが目的。
イルレガーレは山形県の赤湯温泉にあります。温泉宿は基本一泊2食付きなので、夕食不要の私は1泊朝食付きで対応してくれる温泉宿を探すところから旅の計画は始まりました。最初に良い宿がないかを聞いたのは観光協会とかでなくイルリガーレ直。オーベルジュでないため宿泊できないレストランは、県外からのお客さまへ宿を紹介してくれる所も多いので。イルリガーレの方は本当に丁寧に調べてくださいました。その情報を元に宿に予約を入れて当日、宿から乗ったタクシーでレストランの名前を言うと、あ〜トレーラーハウスのと言われました。やっぱりインパクトがあるから地元でも知られているようです。

鱗がパリパリ、スープに浸されてないのが◎の甘鯛の松笠焼きのアクアパッツァ緑のスープ

鱗がパリパリ、スープに浸されてないのが◎の甘鯛の松笠焼きのアクアパッツァ緑のスープ

レストランに着くと、もう辺りは闇に包まれていました。ほんとにトレーラーハウスなのか、私は写真を撮りながら下をのぞいてみたり。店内は満席状態でしたが、予約の時間が遅かったので途中から人を入れずに写真を撮ることができました。青の効いたインテリアが素敵です。
カルパッチョから始まるコースは舟形マシュルームのクリームスープやリゾット、アクアパッツァ、パスタなど。里芋のグラタンはチーズに負けてない里芋の味でやっぱり山形県も美味しい野菜がたくさんあるなと思いました。
あとで調べてみたらランチはパスタコースのみで大人気だそう。このお店も県外からのお客さまが増えるお店だと思い、やはりこんな素敵なお店を探し出す山本益博さんの嗅覚恐るべしと思うのです。(2019年10月訪問)

レストラン名リストランテ イルレガーレ
ジャンルイタリアン(イタリア料理)
住所山形県南陽市若狭郷屋506-2
TEL0238-20-6282
予算ランチ 1500円~ ディナ- 4000円~
座席20席
個室なし
予約の可否夜は予約可 昼は3名以上は予約可

 

ペンギン案内人10号/磯田 直子

タイトルとURLをコピーしました