旅館 親和苑(内牧温泉/熊本県)~なんでも手作り!こだわりが光る宿で秘湯を満喫!

純和風なお部屋はほっこり気が休まります。

共同露天風呂。お湯加減もちょうどいい。

日本全国で162軒ほどしか登録されていない「日本秘湯を守る会」の宿。周りに広がる自然風景、そしてその地の恵みである温泉を守り続けることを使命とするこの団体。熊本県には6つの宿が登録されていますが、そのうちの一つが阿蘇にある内牧温泉を引く「親和苑」です。

さすが秘湯を守る会というだけあってお風呂の種類も豊富です

どこか古民家を感じさせる昔懐かしい心地の良いお部屋は、本館と離れを合わせて13室。昔懐かしいと言っても古びた印象は無く、伝統的な和風建築が味わえる風情あるお部屋です。離れには専用の部屋露天もついているので、好きなタイミングで風情溢れる切石のお風呂に浸かれるのも嬉しいですね。
さらに館内には大浴場や家族風呂をはじめ、ビアガーデンやライブラリースペース、趣ある囲炉裏のスペースまで。肩の力が抜けるようなアットホームな空間は、私たち旅人を心から癒してくれる工夫で溢れています。

手作り果実酒がずらっ。季節によってラインナップが違うそう。

御料理旅館の別名を持つだけあって、食事のレベルの高さに定評のある「親和苑」。お米は阿蘇の山麓から湧き出るミネラルたっぷりの清水を使って土鍋で。また、野菜は敷地内で自家栽培している無添加・無農薬のものを使用しており、お漬物や食後のジェラートに至るまですべて手作り。料理にかけるこだわりは目を見張るものがあります。
そしてお食事処の中で一際目を引くのが、窓際に並べられた何種類もの果実酒。大きな瓶の中に果実がゴロゴロと入っていて、いかにも手書きといったラベルが!も、もしかして・・・と思って聞いてみると「これ全部うちで作ったお酒なんです」と従業員さん。今まで色んな旅館を訪れましたが、これほどの種類のお酒をすべて手作りしている宿は初めてです。果実酒はみかんやレモン、梅などのオーソドックスなものから、アロエや朝鮮人参、ヤマボウシの実など変わり種までたくさん。ついつい色んなものを試したくなります!
見知らぬ土地、人であっても「手作り」と聞くだけで心が和らぐから人間というのは不思議です。手作りで溢れた「親和苑」は人の温もりを感じられる、第二の我が家のような素敵なお宿でした。
(2020年9月訪問)

旅館名親和苑
住所熊本県阿蘇市内牧1354
TEL0967-32-0330
お風呂大浴場、露天風呂、家族風呂
予算2名1室利用の場合1人当たり¥12,900~(2食付き)
露天風呂付客室有り

 

ペンギン案内人5号/川崎 彩乃

タイトルとURLをコピーしました