季節料理 なかしま (日本料理/広島市/広島県)~名店ならではの心地よい空間で味わう、極上の料理と伝統ある器

ずわいがに、よもぎ麩、平茸のお椀。お椀の美しさにも注目を

お店のスペシャリテでもある蓮根まんじゅう。何度でも食べたい

広島でナンバー1の日本料理店として誰もが認める名店「季節料理 なかしま」。名店の醸し出す空気が間違いなくこの店には流れていました。それはお店に入った瞬間に感じます。明るく清潔感に満ちた店内でまず目に飛び込んでくるのが美しい欄間。そしてその下に並ぶお皿の数々です。ご主人の中島徹夫氏と女将さんの出迎えを受け、カウンター席に座ると、こちらの背筋もピンと伸びる心地よい緊張感です。
夜のみの営業で、それも18:00からと19:00からの時差スタート。いっせいにカウンターと後ろのテーブルの全員が一緒に食事を開始するやりかたです。私が行った日は隣の1組だけ先に始めており、残り12名は全員19:00スタートでした。ご主人は一人で12名分の料理を作っていくのです。女将さんとその他の女性スタッフは手伝いつつ、細かいサービスを受け持っています。皆の「はーい」という明るい挨拶の声とテキパキ動くチームワークの良さは見ていて気持ちがいいものです。

信楽焼きの土鍋で炊いた鮭飯を振る舞う女将さん

すべての料理が秒刻みで計られているようにベストタイミングで、焼きたて揚げたてで提供されます。スタッフの誰一人もその瞬間を見逃していないかのよう。だから私たちも熱々を最高の状態で頂きます。しゃべるのに夢中な人など一人もおらず、皆が真剣勝負のように、食べることに最大の注意を払っています。
しかもここの料理はすべて素晴らしいお皿やお椀に入れて出されます。例えばお造りは人間国宝の方の作品である有田焼白磁に、名物の蓮根まんじゅうは江戸末期の古伊万里に。味の方も絶品ですが、同時に器も愛でるのでその喜びは2倍です。
炭火焼きで焼き上がったところの熱々ののど黒は、脂が乗っていてカリカリで最高の出来ですが、お皿の方は100年前の輪島塗の沈金の作品です。食べ終わって現れるお皿の柄にまた感動なのです。

自家製求肥餅に白餡とシャインマスカット。ご主人のお父様作の版画のカード添え

ご主人がお料理に集中できるのは、ほぼすべてはコミュニケーション能力抜群で明るい女将さんの存在によるものでしょう。料理や器の説明をはじめ、その接客ぶりは人の心を惹きつけます。指導がいいのでしょう。女性スタッフも皆さんしっかりしていて感じよく丁寧です。リピーターも多く、予約が取りにくい店というのも納得です。味の良さだけではないのです。
かつて出された広島版ミシュランで唯一日本料理で3つ星を獲得したお店だけのことはあります。隣の席のカップルは1時間早く食べ終わって帰り際、次の予約を取っていました。広島じゃなく東京にあったなら、私も次の予約を取って帰りたいものだと羨ましい気持ちでした。
(2020年9月訪問)

レストラン名季節料理 なかしま
ジャンル日本料理
住所広島市中区東白島町10-4 TOHAKUビル
TEL082-225-3977
予算コース料理 15000円(税サ別) *夜のみの営業
座席14席(うちカウンター8席)
個室なし
予約の可否完全予約制

 

ペンギン案内人2号/井原 三津子

タイトルとURLをコピーしました