杦(SEN) (日本料理/柳馬場五条/京都)~個人の邸宅を改装した、京町屋の人気割烹

鰻の白焼き。山葵を添えて

白身魚のあんかけ、雲丹載せ

京都柳馬場五条上ルの京都風一軒家が目指す割烹料理店「杦」でした。京都ならどこにでもありそうな町屋風の建物に、あっさりした暖簾がかかっていて、寒くて暗い夜それがなかったら見逃すところでした。
2018年3月、ご主人の杉澤健氏がこのお店をオープンされました。「赤坂菊乃井」や「室町和久傳」といった名店で修業を積み、「祇園ろはん」の料理長を経て独立されたのです。その後お店は繁盛し、ミシュランの1つ星も獲得されました。
通されたのはテーブル席のある個室でした。個人の邸宅を改装しただけあって、知り合いの家にお邪魔したようにくつろげる空間です。オープンした同じ年の年末の夜、ご主人おすすめのコースが始まりました。

あっさり野菜の煮びたしは季節の野菜で

雲丹、鰻、車海老・・・食材も豪華で、それもひとひねりした料理はさすがです。寿司職人の資格を持つスタッフが握る寿司もメニューに入っています。鰻は白焼きでカリカリに焼いていあるのが好みでした。車海老はお寿司に。蕎麦にはカラスミがかかって出てきました。
ゆずをくり抜いてカニや魚のとろみあんかけを入れた1品は身体がほっこり温まります。クエの御汁、お造り、白身魚の唐揚げにあんかけ雲丹載せと、文句なく美味しいものが続きます。箸休めに出たあっさり野菜の煮びたしもいい頃合いです。女将の実家がある大原から水を運んで出汁を取るそうなので、水の大切さがわかります。

定番の、海苔で包む鯖の棒寿司は一口サイズが嬉しい

ご主人のコンセプトは「皆さんに満足してもらえるように、コースのほか一品料理も用意して、量やお好みに合わせていきたい」ということで、食欲のないときなどはアラカルトでも頼めるのです。
締めのお食事も、ご飯料理を好きなものを好きなだけ選んでいただけるのがまた嬉しいところ。今夜は鯖寿司、卵とじ蟹入りご飯、海苔茶漬けの3つから2つ選べる方式でした。脂の乗った鯖寿司は1貫だけなので、それとあっさり海苔茶漬けを頂きました。
デザートもさっぱり系とこってり甘党系のが2種類。ゼリーに大好きな紅マドンナが載っている爽やかデザートの後に、ゆり根団子とお抹茶でダメ押しとなりました。
品数、そして味共に満足のいくコースでした。9席あるというカウンターならご主人の御料理風景も見られるし、お話も聞けるでしょう。それは次回のお楽しみ。

レストラン名杦 SEN
ジャンル日本料理
住所京都市下京区五条柳馬場上ル塩竃町379
TEL075-361-8873
予算ランチ10000円~ ディナー16000円~
座席13席
個室あり
予約の可否完全予約制

 

ペンギン案内人2号/井原 三津子

タイトルとURLをコピーしました