御宿 竹林亭(武雄温泉/佐賀県)~東京ドーム100個分の庭園と一体化した佐賀の贅沢な温泉宿

御船山の麓に広がる御船山楽園の自然は旅館と一体化している

部屋から眺める専用の展望露天風呂

お庭が広いとか庭園が自慢の旅館というのはいくつか泊まったことがあるけれど、この宿のある庭園の広さには驚きました。佐賀県有数の古い歴史を持つ武雄温泉。御船山(みふねやま)という岩山の麓に広がる御船山楽園は、15万坪すなわち東京ドーム100個分もの広さがある庭園なのです。1845年に開園したというその庭園の一角に佇む「御宿 竹林亭」。そのお庭が全部自分のもののように楽しめるのです。目の前で春は2千本の桜が咲き誇りますが、もっとも有名なのがつつじのシーズン。山の麓一面にピンクや赤のつつじが咲いてまるで絨毯のようです。この旅館のゲストは無料で庭園の散歩ができます。私もさっそく1時間ほど歩きました。

玄界灘で採れた新鮮な造里は伊勢海老、ひらまさ、鮃など

つつじの群生を最大限に満喫できるのはゴールデンウィークだそうで、私が訪れた6月頭にはつつじは少ししか残っていなくて残念。秋は紅葉、冬は雪景色がそろぞれ楽しみですが、夏から秋にかけてはデジタルアートで知られるチームラボが生み出す「かみがみがすまう森」が開催されます。それは自然とアートをコラボした幻想的なライトアップの作品展で必見です。
全部で11ある客室はその庭園の自然と一体感を味わえるように設えてあるのです。部屋ごとに間取りや設えは異なり個性があるそうですが、私の泊まった和洋室は103㎡の広さで、庭に月見台兼展望露天風呂がありました。凛々しい御船山の風景を眺めつつ好きな時に入れる露天風呂は最高です。お部屋のお風呂が良すぎて、むしろ大浴場の印象は希薄です。

少しわびしい感じがした朝食

食事は朝夕共に部屋食です。部屋で過ごす時間が長いので、テレビ画面が小さいとか若干古さが目立ち、露天風呂の横のすだれが汚れていたり、高級感に欠ける部分も見受けられたのが残念です。
懐石料理の夕食の量は私には適量なので、良く食べる人には物足りないかも。玄界灘の海の幸や佐賀牛A5ランクのヒレ肉のステーキなど、シンプルな料理は味付けもよく美味しく完食できました。
朝食メニューは若干手抜きな感じのものでしたが、牛乳がとびきり美味しかったのには感動でした。さて朝食後も朝から2度目の露天風呂を満喫したのは言うまでもありません。

旅館名御宿 竹林亭
住所佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
TEL0954-23-0210
お風呂大浴場 露天風呂
予算2人部屋利用の場合1人約45,500円から(2食付)
露天風呂付客室全室露天風呂付き

ペンギン案内人2号/井原 三津子

タイトルとURLをコピーしました