インドカレー カーマ(カレー/神保町/東京)

知る人ぞ知る神保町カレーの人気店。数えきれないほどテレビや雑誌の取材も

チキンカレーを食べたら次にキーマカレーをどうぞ。御飯はすべてコシヒカリを利用

神保町で働き始めてはや24年。通い始めたのも同時期でした。ランチのレパートリーを増やそうといろいろ店巡りをしていた時、外観は全くカレー屋さんぽくなくてむしろ喫茶店みたいなのにインドカレーと書いてある、この不思議な店にふと入ってみることにしたのです。ご存知のように神保町はカレーの激戦区。あちこちにいろんなカレー屋さんがあり、他は皆カレー屋さんのムード満点なのに、ここはあっさりしたもの。前情報もなかったので、まったく期待せずにドアを開けたのでした。
それが多いときは週一で通い詰めるお店となり、マスターやママさんともとても仲良くなるとは、その時は知る由もなかったのです。

お店のご主人の奥さんと息子さん。今は二人でランチのみ頑張って営業中

インドカレーというものの、ここのカレーはご飯にかけるカレーで、ナンなどは一切ありません。メニューも辛口のチキンカレー、中辛のキーマカレーと野菜カレーの3種類のみ。辛さは大辛などに増やすことはできても減らすことはできません。最初はチキンカレーなど辛くて汗を拭きながら食べていたものですが、スパイスの味わいが絶妙で、慣れてくると病み付きになる美味しさです。さらっとしたスープ状のカレーなのでご飯との相性も抜群です。
当時は甘口の野菜中心のサブジカレーとかヨーグルトベースのソースを使ったベジタリアン用の野菜カレーもありました。マスターに野菜カレーを頼んでもめったに出してくれませんでした。「終わっちゃいましたー」とのこと。気に入って通い詰める私も、野菜カレーを出してもらえるまでに半年かかったのでした。(註:今はそんなことはないようです)
その頃は、私の体の一部はカーマのカレーでできてるねとか、それだけ来るなら定期券発行しようか?などとマスターやママともジョークが言い合える間柄に。

昼時はいつも込んでいる店内

残念なことにマスターが少し前に体調を崩されてお休み中なので、今は息子さんとママさんがランチのみ営業中。コロナ禍でディナーをストップしているし、神保町の会社の人々が在宅なのでお客さんが減ったと嘆いているものの、ランチ時はやはり今でも賑わいを見せています。この店はやはり不動の人気があるのです。頑張って乗り切って、ディナーも再開し、マスターの味をいつまでも提供してほしいと願わずにいられません。
(2020年9月訪問)

レストラン名インドカレー カーマ
ジャンルカレー屋さん
住所東京都千代田区神田猿楽町1-2-3 UTビル1F
TEL03-3233-8787
予算900円から
座席14席
個室なし
予約の可否不可

 

ペンギン案内人2号/井原 三津子

タイトルとURLをコピーしました