庭園の宿 石亭(廿日市市/広島県)~宿の主人公は庭園とおもてなし。再訪で知った宿の今とは?

目の前の庭には鯉のいる池も。ちょっと散歩が楽しめる

2階のお湯サロン。木のお風呂は温泉ではないものの、気持ちよくくつろげる

「宿を大きくすることなく庭を守れ」この宿を創業した先代の教えだそうです。
「庭園の宿 石亭」は宿の名前にも入っているように、主人公は庭園にほかなりません。
石亭にやって来て誰もが魅了される庭園は、長い歴史の中で日々欠かさず手入れされ、美しく保たれてきました。
この庭を愛でるために、庭を取り囲むように建つ本館と7つの離れがあります。
滞在中は客室から直接庭に出て、庭を散歩していろんなシーンに出会い、お客様に寛いでもらうことがご主人の意図するところなのです。

灯篭流しと題した八寸には風鈴に見立てたプチトマトが吊るされていたり・・・

実は随分前に一度この宿に泊まったことがあります。庭が素晴らしく食事が美味しかったという記憶があるのみ。今回の再訪では新しくできた「離れ ゆうせん」に泊まりました。
1階は10畳の主室、書斎、広縁、8畳寝室があり、2階は8畳の「お湯サロン」ことお風呂だけのスペース。
木のお風呂とソファ、シャワールームがあって、お風呂に入ってくつろげるスペースとなっていました。
これは斬新な発想と言えるでしょう。1階の方は古い造りで小さな部屋がいくつもあって迷いそうになる旧式なつくりだけに、古いものと新しいものの融合が味わえました。
でも大浴場の洗い場の壁の一部が剥がれていたり、部屋の襖の紙が変だったり、古いものがきっちりとメンテナンスできていないのは残念でした。
あと館内も室内も、昔ながらで無駄な段差があるのも危険です。
バリアフリーの時代ですが、そこまで直すことはできないものでしょうか?

穴子釜炊きご飯は炊き立てをすぐに頂きます

この宿のお食事は出し方に工夫があり、アッと目が釘付けになる美しいしつらえが魅力的です。どれもが味がよく、海に面しているだけあって魚介類は新鮮です。
宿主の上野氏が宮島で経営している「あなごめし うえの」が名店なだけあって、先付の穴子三昧と最後の穴子釜炊きご飯はとても美味しいものでした。
この宿の良さをあげるとき忘れてはならないのは、おもてなしの心でしょう。事あるごとに仲居さんは心温まるサービスで私たちをもてなしてくれました。
やはりこの宿の主人公は庭園と、そして温かいもてなしだと確信したのでした。

旅館名庭園の宿 石亭
住所広島県廿日市市宮浜温泉3-5-27
TEL0829-55-0601
お風呂大浴場 露天風呂
予算二人部屋利用一人あたり31000円から(2食付)
露天風呂付客室あり

ペンギン案内人2号/井原 三津子

タイトルとURLをコピーしました