ひなの宿 ちとせ (松之山温泉/新潟県)~日本の原風景の里山で日本3大薬湯に癒される

松之山温泉郷からはこの美人林と呼ばれる竹林も近く、自然環境に恵まれている

薬湯だけあって、何とも言えず癒されるお湯。温泉湯治場的なムードも抜群

新潟県十日町に近い松之山温泉。世界有数の豪雪地ながら、入り組んだ山々が盾となり防風を防ぎ、河川が分散しているため洪水も防げるなど、自然と共存してきた地域です。そして、周りには美しい棚田やブナの美人林など日本の原風景ともいえる大自然が広がっています。ちょっと昔っぽい鄙びた感が漂う松之山温泉郷。一本道に沿っていくつかの小さな宿が並んでいます。そしてその中の宿がこのひなの宿ちとせです。

専用露天風呂付きの部屋なら、薬湯も自分だけで独占できる

この温泉の湯はとても身体によいことで知られています。1千万年前のマグマ(火山)でできた化石海水温泉であり、源泉が90℃近くあって、温泉宿のかけ流しも70℃近く、やけどしそうに熱いので水でぬるめて入ります。塩分が濃くて傷の治療にも効くし、免疫力を高める効果があるため他の病気にも効くと言われています。そんな松之山温泉は草津温泉や有馬温泉と並んで日本3大薬湯に選ばれているのです。
ちとせの露天風呂は木造りで屋根付きのクラシックなムードが満点です。ちょっと熱すぎた時は、ホースで水を入れて調節可能です。気さくな新潟県民が多く訪れているため、皆親切で、お風呂での会話も弾みます。

ある日の夕食。充実した内容で、詳しい説明書きも添えられていた

この宿の料理は量も多く、お風呂の泉質もいい上、リーズナブルとあって人気が高く、近隣の人々も多く泊まりに来ているようです。
宿主の柳氏は松之山温泉の7軒の宿が集まって旅行会社を設立。松之山を気軽に楽しめるような美人林ハイキングツアーやホタル見学ツアー、里山の達人とハイキングツアーなどを組んで、積極的に村おこしを行っているそうです。
宿でも夜に美人林にホタルを見に行きましょうと、20人ぐらいがバスになって出かけていきました。今回はパスしたけれど、幻想的な竹林でホタルを見るのはやっぱり行った方がよかったとあとで後悔した私です。次回は是非参加したいと思います。
(2020年6月訪問)

旅館名ひなの宿 ちとせ
住所新潟県十日町市松之山湯本49-1
TEL025-596-2525
お風呂大浴場 露天風呂
予算2名利用1人17500円から(2食付き)
露天風呂付客室あり

 

ペンギン案内人2号/井原 三津子

タイトルとURLをコピーしました