ポンテベッキオ(イタリアン/北浜/大阪)~トクベツ感のあるリストランテ

鮎のコンフィの熱々と瓜科のマチュドニア メロンのソルベっと沿え

 

淡路産鱧と加賀太キュウリのリングイネ ボッタルガ沿え

あるイタリアンの有名なシェフが「フレンチは割烹、イタリアンは定食屋なのです。」という話をされたことがあります。レストラン経営をする上でのセオリーなのでしょう。私たちもフォーマルな場ではフレンチ、カジュアルな場ではイタリアンと使い分けをしています。イタリアンでは客単価をあまり上げることはできません。イタリアンレストランで高級な店を志向したとしても、家賃や内装などにかかる経費は抑えなくてはいけません。
しかし、ポンテベッキオはそれとは真逆な店となっています。こんな店は東京でもあまり目にしません。オフィス街の大通りに面した路面店。重厚でスタイリッシュな店内、個室はもちろん、食後にカフェや食後酒を楽しむゆとりの空間すらあります。サービス陣のレベルも高く、まさに高級フレンチを意識した店作りになっています。

 width=

アコウの正統派ムニエル ちょっとブイヤベースな感じで

もちろん、この店の良さは内装や、サービス陣の優秀さだけではありません。コースの料理は創作性も完成度も高いと感じました。中でも「鮎のコンフィの熱々と瓜科のマチュドニア・メロンのソルベット添え」は驚きでした。鮎の骨のつっかえもなく食べられ、かつメロンのソルベとの相性も抜群でした。パスタは2種類。「淡路産鱧と加賀太キュウリのリングィネ ボッタルガ添え」と「とろとろに煮込んだ牛ネックラグーソースのタリオリーニ」。アヴァンデセールは、テーブルで液体窒素を使い、瞬時にソルベに仕立て上げる楽しい演出も。

アヴェンデセールは液体窒素を使い、瞬時にソルベになる演出も。

ポンテベッキオ北浜本店は関西イタリア料理界の第一人者、山根大介氏のポンテベッキオグループのフラッグシップレストランです。氏の料理に対する思いをできる限り実現するために食材選びやサービスにベストを尽くすというのが、お店のPRです。そんなメッセージが私にも届いた気がします。
ポンテベッキオは間違いなく、記念日などのハレの日に行くのにふさわしいトクベツ感のあるリストンテなのです。

レストラン名ポンテベッキオ
ジャンルイタリアン(イタリア料理)
住所大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル1F
TEL06-6229-7770
予算ランチ3000円より、ディナー13000円より
座席48席
個室あり
予約の可否予約可

 

ペンギン案内人7号/川崎 真弘

タイトルとURLをコピーしました