祇園川上(日本料理/祇園/京都)~祇園の中心で食す、良心的な正統派の京料理

川上の看板、入口の上には伊勢内宮の「笑門飾り」がかかっている

川上に行くきっかけとなった白味噌椀、この時は少し生姜の味がした

最後の晩餐、明日、この世からいなくなるとしたら最後に何を食べたいかは、その人の考え方や嗜好を最大にあらわすものだと思っています。
川上に最初に伺ったのは、残念ながら何の雑誌だったかは覚えていませんが、今は亡き美術批評家、料理評論家の勝見洋一さんが人生の最後に食べたい料理が、ここ川上の料理、一つ選ぶなら白味噌碗だという記事を読んだからで、その料理を食べてみたいと思ったからです。
川上は祇園の中心地ですが、メインの通りから1本中に入った所にあります。

勉強のつもりでいただいた白味噌碗は、身体にしみわたる味で東京生まれの私には馴染みのない味でしたが、京番茶や山椒入りの赤出しの味噌汁と同様、京都で知った強烈な味の思い出となりました。
そして、時が経ち、川上が代替わりをしたと聞き、同じ料理が食べられるのかが心配になって、再訪してみました。ありがたいことに、白味噌碗は健在であり、新しいご主人の作られた白味噌碗は、私の年齢もあるのか以前よりさらに美味しく感じられました。

毎月変わる広げると遊び心のある7月のデザインの膝掛け

余談になりますが、川上では、食事の時の膝掛けが月替りで用意されていて、食事をいただいた後、持ち帰ることが出来ます。
全ての季節を経験し、一度でわかった気になってはだめなのだと勝手に言い訳をしながら12ヶ月通って揃えてみようかと目論んでいます。
もちろん料理が美味しいからこその計画ではありますが。
あなたの最後の晩餐は何ですか?

レストラン名祇園川上
ジャンル割烹
住所京都市東山区祇園町南側570-122
TEL075-561-2420
予算昼 ちょうちん弁当4、500円~ 懐石6,000円~ 夜 懐石15,000円~ (税サ別)
座席24席
個室あり
予約の可否

 

ペンギン案内人10号/磯田 直子

タイトルとURLをコピーしました