函館大沼 鶴雅リゾート EPUY(エプイ) (大沼国定公園/北海道)~サスティナブル時代に逆行?

函館大沼 鶴雅リゾートEPUY
湖上テラスへの桟橋

湖上テラスへの桟橋

ベッドルームの方はそれほど広くないが・・・

ベッドルームの方はそれほど広くないが・・・

鶴雅グループと言えば、北海道で10軒以上の高級リゾートホテルを展開する有名なチェーンです。私も今までに阿寒湖や支笏湖でグループホテルに泊まったことがあります。今回は函館に隣接する景勝地である大沼国定公園に建つ自然豊かな「函館大沼 鶴雅リゾート EPUY(エプイ)」に滞在しました。
湖に面した雄大な敷地に佇むホテルには、湖上テラスや花々が咲き誇るガーデンをそぞろ歩く楽しみもいっぱい。30室と言う客室数はグループホテルの中ではややこじんまりしている方で、サービスも丁寧な印象です。お部屋はハーブとベリーの棟に分かれていて、私たちはハーブの棟にあるラベンダーと言う名の部屋。スパリビング付きツインルームです。通常のスタンダードツインルームの場合は、浴室はバスタブなしのシャワーブース付きですが、この部屋はベッドルームとシアタールーム&温泉(リビングルーム)と2つからなっています。ベッドルームの外に出ると屋根の付いた板の間の向こうにプライベートのシアタールームと温泉風呂が付いている、ちょっとユニークな間取りです。

一旦外に出ていくシアタールームは面倒くさい

一旦外に出ていくシアタールームは面倒くさい

シアタールームと呼ぶだけあって、ゆったりしたソファでくつろぎながら大スクリーンでテレビやビデオが観られるのです。気が向いたら温泉に浸かってリラックス。ただし、洗面所があるのはベッドルームで、荷物はそちらの部屋に置くので若干手狭です。どうしてもベッドルームで過ごす時間が長いのに、シアタールームがやたらにだだっ広く、無駄なスペースがありすぎて釣り合いが悪い気がしました。
大浴場は露天風呂だけなのもまた珍しいです。貸切風呂は入ってみると小さめで、お部屋のお風呂とほとんど変わらないレベルで、わざわざ入るほどでもありませんでした。
ホテル内にはスパがあって、マッサージを受けることができます。久しぶりにフルボディアロママッサージ60分コース(14000円)を体験。プロのセラピストの施術は上手くて、ウトウトするほどの心地よいひと時でした。

これだけボリュームがあると全部は食べきれません

これだけボリュームがあると全部は食べきれません

ディナーは渡り廊下を歩いて別棟のレストランへ。想像以上に味のレベルが高く、これなら温泉付きオーベルジュと呼んでもいいほど。とりわけ桜マスのマリネ、海老のリゾット、熱々のブイヤベースは絶品でした。パンは自家製のパン屋さんがホテル内にあるほどのこだわりで、さすがの美味しさです。
翌朝、青空と緑の風景を眺めつつ清々しい朝食タイム。近くの牧場の牛乳やヨーグルトは最高で、トマトジュースも美味しいのはさすが北海道です。クラムチャウダーに豪華なサラダにソーセージとベーコン付きのエッグベネディクトとかなりボリューミーです。パン皿には各自にホテルのパン屋さんから届いたクロワッサンやチョコクロワッサン、バターロールが。さすがに食べきれないので3人分の残したパンを計6個、袋に入れてほしい旨スタッフに頼みました。すると「一切の持ち帰りはできません」との答え。卵料理とかでなく、しかも敷地内にあるパン屋さんでも売っているパンなのになぜダメなのか?「これは破棄するんですか?もったいないですよね?」そう訊くと「はい捨てます」との答えが・・・。フードロスを減らそうと叫ばれている昨今、いかに企業はサスティナブルな時代に対応するかが大切かと思います。チェックアウトの際にその旨記載してアンケート用紙を渡しました。無視されたり返事もくれないホテルも多い中、ここのホテルは支配人から後日自宅へ丁寧な葉書が届きました。貴重なアドバイスに感謝しますとあったので、今後は善処してくださることを心から祈りたいです。北海道のホテル業界のリーディングカンパニーである鶴雅グループならばこそ、率先したサスティナブルな施策は必要だと考えます。他は満足だったので、そこだけ残念でした。
ホントにあのホテルの美味しいパンを帰りの列車の中で食べたかったなあ!!  (2021年4月訪問)

旅館名函館大沼 鶴雅リゾート EPUY(エプイ) 
住所北海道亀田郡七飯町大沼町85−9
TEL0138-67-2964
お風呂大浴場(露天風呂のみ)
予算2名1室利用の場合 1人 28000円~(朝食付き)
露天風呂付き客室あり

 

ペンギン案内人2号/井原 三津子

タイトルとURLをコピーしました