温泉山荘 だいこんの花(遠刈田温泉/宮城県)~3本指に入るお気に入り露天風呂

温泉山荘だいこんの花
一番遠くにある一押しの貸切露天風呂「通り雨」最高!

一番遠くにある一押しの貸切露天風呂「通り雨」最高!

古民家を思わせる落ち着いたムードのロビーラウンジ

古民家を思わせる落ち着いたムードのロビーラウンジ

私が好きな日本の温泉宿ベスト10に入っていて、とりわけその露天風呂がお気に入りベスト3に入っているのがここ宮城県遠刈田温泉の「温泉山荘 だいこんの花」です。蔵王の麓、一万坪余りの森に佇む18室の癒しの温泉宿。ここには大浴場もあり、部屋にある露天風呂も素敵ですが、なんといっても素晴らしいのが4つある貸切露天風呂。このお風呂巡りが何よりの楽しみとなるのです。
森の中、木立に囲まれた自然の真っただ中に設えた小さいながらも居心地抜群の露天風呂。自家源泉のかけ流しなのでいいお湯です。自然と一体になれるお風呂体験なのです。しかも4つのうち2つ「雪待ち」と「通り雨」は、森の中を歩いてたどり着くという、散歩気分がプラスされるところがまたいいのです。入るときは廊下に竹竿を渡して通路を遮断し、足元の木の札を裏返して「入浴中」にしてからお風呂に向かいます。空いていればいつでも好きな時に入れます。お風呂場は脱衣場も屋外なので、本格的な露天風呂気分が味わえます。

伊勢海老の酒蒸し 日本酒のブールブランソース 浅葱

伊勢海老の酒蒸し 日本酒のブールブランソース 浅葱

前回滞在してからすでに10年以上の月日が流れ、先日再訪した際はいろいろ宿は変わっていました。でも4つの貸切露天風呂だけはほぼ変わらず、ずっと思い出していた大自然の中のお風呂は健在だったのです。ただし私のイメージの中では、お風呂に入っていたら板の間にリスや小鳥が遊びに来るというものでしたが、これは母屋の外にあったリスや小鳥の餌付け場所のことを勝手に混同していたようです(笑)
今回泊まった部屋は初めての「おぼろ月」という部屋。「月の下に眠る」がコンセプトのようで、53㎡の客室に加え、部屋の半分くらいの広さの森林テラスが付いていて、そこにはベランダの中にニョキッと木も生え、渓流の谷間を臨む木々に包まれて入れる露天風呂があります(一番上の写真参照)。貸切風呂とはまた違う素晴らしいロケーションに部屋のお風呂は面していたのです。部屋の中にいても、一面緑が滴るように美しい新緑を迎えて、眺めているだけで心がほぐされていくのがわかります。
宿泊プランはオールインクルーシブプランでした。室内のミニバーの飲み物やお菓子、そして食事時のいくつか設定されたアルコール類を含むドリンクが込みとなっています。貸切露天風呂やどんぐりコテージでの溶岩浴なども追加料金なしで利用できて安心です。

地場産朝掘りたけのこ2種ほか

地場産朝掘りたけのこ2種ほか

食事面ではほぼ満足というところでしたが、驚くほどのものは出ませんでした。よかったものをあげるなら、朝掘りのたけのこの磯辺揚げが柔らかく、木の芽味噌焼きも絶品でした。豆乳のしゃぶしゃぶも面白いアイディアでした。
この10年余りの間に、様々な温泉宿を泊まり歩いてきただけに、1回目に来たときに気付かなかったこの宿の問題点も見えたのは確かです。室内に無駄なスペースがあってくつろげず、居住性が悪いとか、洗面所内にあるトイレが横を通るたびに作動して勝手に水まで流れるのが気になりました。サービス面でもスタッフがすれ違っても稀に挨拶してくれなかったり、部屋に置かれていたコーヒーカップがベトベト汚れていたり、サービス面で行き届いていない点がいくつかありました。気配りが不足しているようです。
高級旅館として決して安くない料金を取る宿なので、その辺りは改善されることが望まれます。
しかし何といってもここの露天風呂は、またすぐにでも浸かりに行きたいと、すでに懐かしく思っていますが・・・・。   (2021年4月訪問)

旅館名温泉山荘 だいこんの花
住所宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字遠刈田北山21-7
TEL0570-04-1155 予約はwebにて
お風呂大浴場、露天風呂、貸切露天風呂(4か所)
予算2人部屋利用の場合1名 41400円(税込み、オールインクルーシブ)~
露天風呂付客室あり

 

ペンギン案内人2号/井原 三津子

タイトルとURLをコピーしました