リストランテ ラ・チャウ(イタリアン/田町/東京)~優しいシェフにも感激!!

リストランテ ラ チャウ (田町)
シェフの温かな人柄が表れているアットホームな店内

シェフの温かな人柄が表れているアットホームな店内

前菜の盛り合わせ

前菜の盛り合わせ

フレンチやイタリアンってなんだか敷居が高そう…そんなイメージを持たれる方はきっと少なくないでしょう。それが予約必須のお店なら尚更かもしれません。
今回ご紹介する「リストランテ ラ・チャウ」は田町駅から徒歩5分ほどのところにあるイタリアンレストラン。2021年3月現在、食べログで3.91点(東京イタリアン16位)という高評価を獲得している人気店です。完全予約制ではないものの人気店ということで席が埋まりやすいようで、私が訪れた日も予約のお客さんで満席。そのほとんどが若い方だったのが印象的でした。
それもそのはず。ここ「リストランテ ラ・チャウ」の魅力は何と言っても本格的なイタリアンが手軽にいただけることにあります。店内にはワインボトルや写真などが飾られ、どことなく異国情緒が感じられる空間。かと言って堅苦しさは一切なく、女子会や若いカップルのデートにも使えそうなアットホームな雰囲気です。
シェフの馬渡剛氏は北イタリア・ピエモンテ州の1ツ星レストランで4年半にわたり修業を積んだ実力者。帰国後もさまざまな有名ホテルやイタリアンでシェフを務め、2007年にここ田町で自身のお店をオープンさせたのです。

イイダコとトマトのリゾット。病みつきになる美味しさ

イイダコとトマトのリゾット。病みつきになる美味しさ

そんなシェフがつくり出すイタリアンは、彼のモットーでもある「肩ひじを張らない楽しい食事」を再現したような、親しみやすいピエモンテの郷土料理。高級食材に頼りすぎず、食材の組み合わせとその調理技術で「美味い!」を実現させます。パスタランチは前菜、パスタ、デザートの3品で1800円とリーズナブルですが、今回私がいただいたのは5000円のランチコース。前菜の盛り合わせから始まり、スープ、パスタ2種、リゾット、メイン、デザートの計7品と、それにドリンクが1杯無料でついてくるなんとも良心的なプランです。はじめは7品も出て5000円という価格に半信半疑で、あまり期待はしていなかったのですが、その不安は良い意味で裏切られたのでした。特に本場で修業を重ねたというだけあってパスタ2種とリゾットが素晴らしく、その味は星付きレストランに負けない美味しさ。イイダコのラグーソースとフレッシュトマト、バジルを使用したリゾットがとりわけ印象的で、旨味が凝縮されたそれは何杯でも食べられそうなほど。ランチとは言えこれだけのクオリティのものを5000円で提供しているとは…そりゃ繁盛するわけです。

デザートのプレート。フォンダンショコラが美味。

デザートのプレート。フォンダンショコラが美味。

また私が「リストランテ ラ・チャウ」の食事で素晴らしいと感じたのが、シェフの挨拶です。シェフ自ら席まで挨拶しに来てくれるお店は他にいくつもありますが、そのどれもがどこか形式ばっているように感じる人も多いのではないでしょうか。実は私自身そう感じることが多々あり、(あ~この人本当は挨拶なんてしたくないんだろうな)と察してしまうと、なんだか美味しかった食事でも感動が半減してしまうような、そんな気すらするのです。
しかしここ「ラ・チャウ」の馬渡シェフの挨拶は、月並みですが本当に心がこもっているように感じました。というのも2時間半ほどの食事の間にシェフが顔を出してくれたのは、なんと計3回!パスタを食べている時、デザートを食べている時、そして帰り際にも玄関まで送ってくれるという三段構えです。料理の感想を聞くだけでなく、こちらの事にも興味を持って話題を提供してくれたり…このシェフは本当に自分の料理を食べてもらうのが好きで、お客さんとの交流を大切にしているのだと実感させられました。その朗らかな人柄はジャムおじさんを彷彿とさせます…(笑)
「リストランテ ラ・チャウ」は気軽に食べられる本格イタリアンをお探しの方に是非ともお勧めしたいレストランです。(2021年3月訪問)

レストラン名リストランテ ラ チャウ (Ristrante La ciau)
ジャンルイタリアン(イタリア料理)
住所東京都港区芝浦2-16-7 中野第3ビル B1F
TEL050-5597-4969
予算ランチ¥1,800~  ディナー¥10,000~
座席30席
個室有り
予約の可否予約可

 

ペンギン案内人5号/川崎 彩乃

タイトルとURLをコピーしました