ナベノイズム(フレンチ/浅草/東京)~江戸の食とフレンチの融合!

渡辺シェフの家紋だというナベノイズムのロゴマーク。

海老と大なめこのココット&パセリのふわふわスポンジパン。絶品!

3つ星フレンチレストラン「ジョエルロブション」の元シェフが織りなす、浅草の江戸食文化とフレンチを融合させた革新的なフレンチを楽しむことが出来る「ナベノ-イムズ」。今回はバースデーディナーとしてお邪魔させていただきました。

そばがきや昆布ジュレを組み合わせた一品。和なのにフレンチ!!

まず席に着いて目にしたメニューにびっくり!昨今の高級レストランでは敢えてシンプルにしか書かないメニューが多くみられる中、ここのメニューは紙にぎっしり材料名や調理法が記載されています。それだけ食材や調理技法にこだわっているということなのでしょう。その証拠に、出てくる料理はどれも日本人の舌に合う今まで食べたことの無いような独創的なフレンチ。メニューに載っている「人形焼」や「そばがき」という文字に次は一体どんな料理が現れるのかとワクワクさせられるのです。これだけ「日本色」が強い材料を使っているのに和食を食べている感覚が無いのが不思議。
どのお皿も素晴らしく最後まで全く飽きずにいただける「ナベノ-イムズ」の料理。シェフの物腰柔らかな雰囲気が伝わってくる、どこか優しさを感じる料理にただただ感動。もちろんスタッフの方の対応も良く、2年連続ミシュラン2つ星を獲得したというのも納得です。

河内晩柑の酸味とチョコの甘み、ココナッツのブランマンジェが相性抜群!

でも品数の割に料理のボリュームが非常に多く、帰る頃にはだいぶ苦しくなってしまうのでご注意を!ちょっと大柄なシェフの食べる量に合わせて多めに設定されているのかな・・・男性の方なら満腹感が得られて良いかもしれませんが、女性の方はあらかじめ少なめでお願いしておいた方がちょうどいいかもしれません。
江戸食文化とフレンチの融合というお店のコンセプトを完璧に成し遂げた「ナベノ-イズム」のフレンチ。大切な日にピッタリの最高のレストランです。

レストラン名Nabeno-Ism
ジャンルフレンチ(フランス料理)
住所東京都台東区駒形2-1-17
TEL03-5246-4056
予算ランチ:10,000~15,000  ディナー:20,000~30,000
座席24席
個室無し
予約の可否完全予約制

 

ペンギン案内人5号/川崎 彩乃

タイトルとURLをコピーしました