百カ国以上放浪した元パッカーおすすめのこだわりの旅先20 欧州アフリカ中南米編

アフリカ

橋の街の異名を持ち、崖の上に街が広がるアルジェリアのコンスタンティーヌ

私は大学時代に休学して、バックパッカーとして世界一周の旅に出たのを皮切りに海外旅行にどハマりし、気づけば5大陸・100以上の国・地域を訪れました。自称天邪鬼でひねくれ者なので(笑)、大都市や旅行者に人気の観光地よりもあまり知られていない穴場の目的地の方に魅力を感じることが多く、より印象に残っています。そんな私がおすすめするこだわりの旅先ベスト20を紹介します。他のサイトやガイドブックなどにあまり載っていない場所を中心にセレクトしましたので、ぜひお楽しみくださいませ。
※こちらは「欧州アフリカ中南米編」です。同シリーズの「アジアオセアニア編」もぜひご覧ください!※

スペイン最大の魅力はバル!お酒を求めて飲みに出よう

さまざまなお酒やタパスがずらりと並ぶバル

とにかく見どころが多い観光大国スペインですが、バル(居酒屋)での一杯は必ずやってみたい体験です。どの街にも多くのバルがあり、もはや文化として成立しているといっても過言ではありません。他の国のバーとは異なりご飯もしっかり食べられるのが魅力で、各店自慢のタパス(小皿料理)やピンチョス(一口おつまみ)はぜひ味わってみたいところ。

グラナダのバルではこんなタパスが無料で付いてくる!

特にアルハンブラ宮殿で有名な都市グラナダでは、お酒を頼むとなんとタパスが無料でついてくるシステムになっておりお得!また美食の街として知られるサンセバスチャンでは多くの有名店があり、バル巡りツアーまであります。他の街でもその土地ならではの素敵なバルに出会えるはず。観光の合間に、または一日の締めくくりにぜひ飲みに行ってみましょう。

日本人選手も多数!海外サッカー観戦ならまずドイツへ

ドイツのスタジアムはサッカー専用競技場が多く、ピッチが近く臨場感たっぷり

海外サッカー人気が高まり、チケットやスタジアムに関する情報も得やすくなったことで、海外旅行で観光の合間にサッカー観戦を楽しむ人が増えています。イングランド、スペイン、イタリア、ドイツが4大リーグといわれ、有名選手や名門チームが数多く参加していますが、初めての観戦におすすめなのがドイツのサッカーリーグ、ブンデスリーガです。

ミュンヘンのアリアンツアレーナなど、見学ツアーや博物館があるスタジアムも

ファンが荒っぽい国もある中、ドイツは何といっても安全に観戦しやすいことが特徴。国全体で女性や子供たちが安心してスタジアムに行けることを目指しており、サッカー関係の騒ぎや事件なども他の国と比べて断然少なめ。試合前後には敵味方のファン同士で仲良くビールを飲んだりしている光景が見られます。また日本人有力選手が多く活躍しているのもポイント。ぜひお気に入りの選手やチームを見つけてみましょう。

まばゆい個性を放つ旧ユーゴスラビア諸国へ

モスタルの象徴スターリ・モストは内戦で破壊された後復活した橋

かつてバルカン半島に存在していた大国ユーゴスラビア。現在は分裂して7カ国に分かれています。その中でクロアチアとスロベニアは定番の旅行先になっていますが、それ以外もスルーするのがもったいないほど素敵な国ばかりなのです。ボスニア・ヘルツェゴヴィナはイスラム教徒が多く、首都サラエボや古都モスタルには中東を思わせるエキゾチックな旧市街が。一方セルビアの首都ベオグラードは聖サヴァ教会など教会が目立つ街並みです。

北マケドニアのオフリド湖は湖畔に風情ある街並みが広がる

モンテネグロは入り江の奥にある小さな港町コトルがドブロヴニクからの日帰り旅行に最適。北マケドニアは世界複合遺産に登録されているオフリド湖が有名です。コソボにはオスマン時代の街並みが保存された街や、コソボ紛争で被害を受けた世界遺産の教会があります。

タイトルとURLをコピーしました