世界の秘境旅行 南極観光クルーズガイド その2 何でも情報編

氷塊の上で寝そべるアザラシ

氷塊の上で寝そべるアザラシ

ペンギン2号こと私、井原三津子。2020年2月末に行けた南極クルーズ体験に基づいたコラム・その1クルーズ編に引き続き、今回はその2として氷の桃源郷・南極のあれこれ情報。思えばペンギン2号という名前だけあって、南極が一番ふさわしい!というか、南極に行って以来、ペンギンがますます大好きになって名付けたペンギン2号であり、ファイブペンギンなのでしたが・・・。
南極は氷点下30度位あって極寒と思い込んでいるあなた、夏にクルーズで訪れるエリアは予想以上に暖かかったですよ。南極の実態をこれからお話ししたいと思います。

南極の大きさは・・?地球上の氷の9割が南極にある!

ゾディアッククルーズにてザトウクジラ発見

ゾディアッククルーズにてザトウクジラ発見

世界7大陸・・・・ヨーロッパ大陸、アジア大陸、アフリカ大陸、北米大陸、南米大陸、オーストラリア大陸、そして7つ目が南極大陸です。この7つの大陸の中で6番目に大きいのが南極大陸なのです。一番小さいのはオーストラリア大陸で、南極の約半分の大きさです。南極は1400万平方キロで、日本と比較すると約37倍の広さです。

迫力あるジャンプを見せてくれた

迫力あるジャンプを見せてくれた

南極クルーズで一般的に私たちが訪れるエリアは、南米大陸からドレーク海峡を隔ててすぐに位置する南極半島とサウスシェトランド諸島といったごく限られたエリアにすぎません。南極の北東部に位置する昭和基地とか、南極点などはほど遠い場所なのです。
全体の98%以上が氷に覆われた広い大陸が南極です。地球上のすべての氷の9割が南極にあると言われているのです。地表が表れているのは南極半島などの限られたエリアのみ。平均して氷の厚さは2300mに及び、とりわけ大陸東部の氷床は厚く、4000mに及ぶところもあるほどです。氷山、氷床、氷舌、氷塊・・・。南極の大自然を愛でるとき、それはダイナミックで限りなく美しい氷の芸術をあれこれ目撃することに他なりません。まさにそこは氷の桃源郷なのです。

南極の気温…夏は意外に暖かい?

クルーズ船のデッキも昼間は暖かい

クルーズ船のデッキも昼間は暖かい

南極といえば氷点下80度など、人間が暮らせないほどの極寒の地を想像する人も多いでしょう。南極は東半球の東南極と西半球の西南極に分けられ、日本でおなじみの昭和基地は東南極に位置しています。昭和基地では、1-2月の夏場は雪が降らない日もあるのですが、それ以外の季節はほぼ通年雪が降り、平均気温が氷点下5度から冬には氷点下20度位になるそうです。氷点下80度を超えたのはもっと内陸部の話です。

岩場を駆け降りる

岩場を駆け降りる

南極半島のある西南極では、10月から2月の夏場は平均気温が零度を超え、天気がいい日は5℃から10℃になる日もあるのです。私が行った2月下旬も、予想以上に暖かく、ゾディアッククルーズで昼間パーカーを脱いだり、手袋をはずしたり、少し汗ばむほどだった時がありました。欧米人の男性などは長袖Tシャツ姿になっていたり・・・。ちょっと体感温度が日本人とは違いますが。
天気が悪く吹雪いたりすると、突然氷点下になりますが、天気がいい夏場の昼は本当に南極というイメージからは程遠い暖かさになることが多いので驚きます。
南極半島の先端部に近いアルゼンチンのエスペランサ基地での観測で、かつて2015年の4月になんと17.5℃を記録したことがあるそうです。南極が全て寒いというのは偏見でしたね。

南極の夏は白夜、冬は極夜。オーロラは観られる?

ゾディアックでアザラシ発見

ゾディアックでアザラシ発見

地球上で緯度が高い場所ほど白夜と極夜の現象が起こりやすいのです。南極半島が位置する南極圏は南緯66.33度と緯度が高いエリアです。夏場である9月から3月は日が沈まない白夜となります。半島の北部では白夜にはならなくても、クルーズ中は23時くらいまで明るいことも多いのです。

赤いパーカーはガイドさん

赤いパーカーはガイドさん

反対に5月に入ったら、日が短くなります。冬場にあたる7月くらいまでは極夜といい、全く日が昇らない季節となるのです。真っ暗では観光などできませんから、この時期には一切のクルーズは運行していません。
南極でオーロラは観られるのか?という質問ですが、白夜だと明るくてオーロラは観られませんね。暗い夜空にこそ見えるものです。昭和基地で冬場などにはオーロラがよく見えるという話ですが、私たちがクルーズで訪れることはできません。

タイトルとURLをコピーしました