死ぬまでに一度は訪れたい、ブルース・チャトウィンも愛したパタゴニア

パイネのグアナコ達。その愛らしい外見とは裏腹に厳しい大地で逞しく生きています。

南米アルゼンチンとチリの南緯40度付近より南を指す地名「パタゴニア」。南半球の最も南に位置するこの地方は、年間を通して強い風が吹くことから“風の大地”と呼ばれ、厳しく雄大な自然の宝庫です。イギリスの紀行作家ブルース・チャトウゥンの名作“In Patagonia”に出会い憧れを抱き続け、2018年12月、念願叶って初in Patagoniaして参りました。そしてチャトウィン同様、この魅力的な土地の魔法にかかってしまいました….。数多の旅人を魅了して止まないパタゴニアで、あなたも是非、素敵な魔法にかけられてみませんか?

ティエラ・デル・フエゴ国立公園 PARQUE NACIONAL TIERRA DEL FUEGO

世界の果て号列車(Tren del Fin del Mundo)で出発進行

アルゼンチンの最南端、ティエラ・デル・フエゴ島にある人口約7万人の都市、ウシュアイア。街の西10㎞程の地点から広がる、世界最南端の過酷な自然にさらされた国立公園がティエラ・デル・フエゴ。ここでは「世界の果て号」と呼ばれる、蒸気機関車に引かれた観光列車が走っています。元々はウシュアイア刑務所建設のために伐採した木材を運んでいた列車で、1947年に刑務所が閉鎖されるまで、世界最南端の鉄道として活動を続けていました。

「世界の果て」にある郵便局では、その証明のスタンプを押してくれる

国立公園内はそれぞれの見所が離れているため、ツアーに参加するのが一番簡単で効率的な方法です。ツアー途中で立ち寄る管理事務所では、希望者には「世界の果て」記念スタンプをパスポートに押してくれるのも嬉しいですね。もちろん、時間の許す方はトレッキングを行うことも可能です。エンセナーダ湾から始まるセンダ・コステーラ(海岸線の道)のハイキングルートは本当に素晴らしいので是非。

ビーグル水道 CANAL BEAGLE

風光明媚なウシュアイアの街。多くのツアーはPuerto de Ushuaia(港)から出発します。

マゼラン海峡、ドレーク海峡とともに、南米の大西洋と太平洋間の水路となる“ビーグル水道”。ウシュアイアの港からは様々なクルーズ船ツアーが出ており、絶景の中、オタリア(南米アシカ)やマゼランペンギンのコロニーなど、この地特有の動物達の野生の姿を見ることが出来ます。強烈な向かい風の中、力強く空を飛ぶウミウの姿は本当に圧巻です。人間も甲板の上で立っているのがやっとなほどなのに!

97年公開の香港映画「ブエノスアイレス」に登場し、一躍有名となったエクレルール灯台

南半球の南端に位置する土地柄、あまりの強風でツアーが急遽キャンセルになることも。翌日以降に振り替えはしてもらえるものの、日程の都合上ワンチャンスしかない方も多いです。振替になる可能性を考慮して、ビーグル水道のツアーはなるべくウシュアイアの滞在前半に入れておいた方がいいですよ。

プエルト・ウィリアムズ PUERTO WILLIAMS

定住が始まった1953年頃から主にチリ海軍の基地として用いられた

ビーグル水道に面したチリ領、ナバリノ島の都市。2019年3月に町から市に昇格され、それまでのアルゼンチンのウシュアイアに代わり、「世界最南端の都市」となりました。
メインのアクセスは、ウシュアイアからボートで約3時間、またはチリのプンタアレーナスから飛行機で約1時間。いずれも毎日運航しているわけでは無く、天候不順によるキャンセル等もある為、物理的な遠さもさることながら、非常に旅程に組みづらい、でも一度は訪れてみたい南極に最も近い世界の最果ての街です。

衣類をまとわず、炎で暖を取ったと言われるヤーガン族(壁画はウシュアイア)

この地の先住民族「ヤーガン族」は、極度に寒い気候の地域に住んでいたにもかかわらず裸族として有名で、つい数年前まで純血最後のセニョーラが暮らしていました。ヤーガン族は我々と同じモンゴロイドに起源をもつと言われており、遠いアラスカから南米最南端のナバリノ島まで移動して来たというのだから驚きです。日本から遥か17,000㎞離れたこの街で、太古の人類の歴史にロマンを感じでみませんか?

タイトルとURLをコピーしました