【こんな国あります!!世界の秘境】コロンブスゆかりの地・ドミニカ共和国

市場のおっちゃん。カメラを向けるとポーズを撮ってくれる人が多い

日本では野球のイメージが強いドミニカ共和国ですが、実は首都サントドミンゴは歴史上とても重要な国。
大航海時代、スペインの援助を受けてインドを目指したコロンブス。1492年にカリブ海の島に上陸し、そこをインドと勘違いしたという話は有名ですよね。今回ご紹介するドミニカ共和国は、コロンブスが最初の航海で訪れた島のひとつであり、また彼の遺体が眠る土地でもあります。
そんな大航海時代の歴史に触れるため、2019年にドミニカ共和国へ訪れた私。是非野球だけじゃないドミニカ共和国の魅力を知っていただけたら幸いです。

ドミニカ共和国ってどんな国?

コロンブスが新大陸を発見し500年の記念で建てられたコロンブス記念灯台

あまり知られていませんが、実は世界にはドミニカという国が2つ存在します。恐らく大概の人が思い浮かべるのは今回ご紹介する「ドミニカ共和国」のほうでしょう。ドミニカ共和国とドミニカ国。同じカリブ海にある国で、コロンブスに発見されたという共通の歴史を持つ2国ですが、実は全くの別国家。あまりに意味深な国名ですがこれといった深い繋がりも無く、アフリカのコンゴのように「対立した末の分断」ということも無いそう。うーん、ややこしい!

清潔感のある地下鉄まであります!

ドミニカ共和国はカリブ海では比較的大きいイスパニョーラ島の東側を占める国。奄美大島ほどの小さなドミニカ国とは対照的に、こちらは九州と高知県を合わせたくらいの面積で、カリブ諸国の中ではかなり大きい国でもあります。
カリブの美しい海は勿論のこと、標高3,000mを超える山脈や平原、湖など様々な自然を有するドミニカ共和国は見どころ満載。また首都サントドミンゴは人口300万人近い大都会で、全く異なった魅力を併せ持つユニークな国なのです。

ドミニカ共和国への行き方

アメリカ系の航空会社は3時間前にチェックインをしておくと安心です!

地球のほぼ反対側にあるドミニカ共和国。日本からの直行便はないので、アメリカやメキシコ経由のフライトで飛ぶのが一般的です。
特にアメリカの東海岸にあるマイアミは、中米やカリブ諸国とアメリカを繋ぐ重要な拠点。たくさんのフライトが飛んでおり、アメリカ経由の場合マイアミ空港を利用するのがもっとも便利な方法です。
大抵の中米やカリブ諸国へのフライトは便利な接続便も無く、マイアミで1泊するのがスタンダード。ですがドミニカ共和国は接続便の時間も良く、その日のうちに現地に着くことが可能。午前中に日本を出て現地時間の夜に到着するので、長旅の疲れをホテルで癒して次の日から観光へ繰り出せるのです。

パナマとのコンビネーションツアーなら是非ともパナマ運河を見ておきたい

また、カリブの国々は横の繋がりが薄くフライトが飛んでいないことが多々ありますが、ドミニカ共和国は他のカリブ諸国へのフライトも豊富。プエルトリコやポルトープランス、ハバナ、キングストン、そして中米のパナマシティとも空路の移動手段があるので、周辺国とのコンビネーションツアーも組みやすいのです。

ドミニカ共和国のツアー

コロンブス広場の葉巻屋さん

まだまだ日本からの観光客は多くないドミニカ共和国。しかし歴史的背景やその自然の豊かさから、近年欧米をはじめ各国から注目されている国でもあります。
ドミニカ共和国は他のカリブ諸国と比べ面積が大きい分魅力も多く、単体で巡っても十分楽しめる国。とりわけ首都であり世界遺産のサントドミンゴはドミニカ共和国の魅力を凝縮したような街なので、少なくとも丸1日時間をとってまわりたい場所です。
また単体でも面白い国ではありますが、せっかく周辺の国々とのアクセスが良い国なので、ハイチやプエルトリコなどのカリブ諸国の国と合わせて巡ってみるのもオススメです。

青い色が美しい三つ目洞窟。

しかし現状ドミニカ共和国のツアーを取り扱っている旅行社はさほど多くありません。実際に現地に訪れたことのあるスタッフがいる旅行社となれば尚更です。しかし中には経験豊富で本物の知識を持つ旅行社もあるので、詳しく話を聞きたい方はそういった旅行社を頼るのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました