ボリビア旅行・観光|ウユニ塩湖でトライしたい7のコト

幻想的な朝日鑑賞

まるで映画のワンシーン!ウユニ塩湖の朝日鑑賞ツアー

一生に一度は訪れたい場所として有名なウユニ塩湖の中で、個人的に特に最高だったのが朝日鑑賞ツアーです。夜が明ける前にホテルを出発し、星空が広がる真っ暗な塩湖で朝日が昇るのを待ちます。真っ暗闇の中を光り輝く太陽が昇り始めると辺りの景色が刻々と変化していきます。徐々に青く染めていく世界は、忘れがたい光景になるでしょう。

朝日鑑賞ツアーで太陽をつかむ

雨季の時期は、天空の鏡と形容される湖面に薄く張った水溜まりが、空の雲を映し出して、写真でも伝わらない絶景を周囲に生み出します。なお日中とは異なり、早朝は特に冷え込むので防寒着も必要になります。

眩しい限りの夕日鑑賞

朝日も良いが、夕日も良い。ウユニ塩湖の夕日鑑賞ツアー

ウユニ塩湖は、世界の絶景ランキングなどの常連で、日中は白銀の世界が広がり、晴れた日の夜には星が空一面に広がります。どの時間帯でも美しいウユニ塩湖ですが、夕暮れ時は更に特別な時間に変わります。夕日を反射して一面赤く染まった光景は、とても幻想的です。夕日が沈んだ後の空は、作られたようなグラデーションになり、…うーん、この圧倒的な美しさは言葉では表せません。是非とも体験して欲しいです。

夕陽が沈んだ後の上下対称のグラデーション

夕日の角度により、反射する色合いも異なるため、毎日違う絶景が生み出されます。また専用車観光であれば、ウユニ塩湖観光の最後に眩しい限りのサンセットの絶景を眺めることが出来るでしょう。

ウユニ塩湖でのお楽しみはトリック写真

ウユニ塩湖でトリック写真撮影

今やウユニ塩湖の定番となったトリック写真は、世界一平らなこのウユニ塩湖だからこそ。遠近感がなくなる目の錯覚を利用して、色々な写真が撮影できます。ツアーのガイドさんの指示通りにポーズをとると、あら不思議。トリック写真の出来上がりです。ガイドさんがフィギュアやお菓子の箱などの小道具を用意してますが、日本から自分だけのアイテムを事前に準備しておくとオリジナリティ溢れる写真で、一層楽しめるでしょう。

よいしょ、よいしょ。湖の真ん中にぽつんとあったタイヤでトリック写真。

恥ずかしさもありますが、やはり自分のトリック写真を撮れるのは正直嬉しく大満足です!ウユニ塩湖に訪れる目的と言っても良いほどに、必ずチャレンジしたいことの一つです。また洋服は原色でカラフルなものが、塩湖で写真映えします。

タイトルとURLをコピーしました