中南米入国制限|いつから再開?コロナ後の旅行(最新) 

世界中の旅人から大人気のマチュピチュ遺跡

世界中の旅人から大人気のマチュピチュ遺跡

日本人に対しての入国緩和が始まりつつある中南米。中南米とひと口に言っても各国のコロナ規制は様々です。もちろん旅行先の国が日本人を受けいれていても、日本帰国後の制限が緩和されない限りは安心して旅行できません。しかし、日本の入国制限をすでに撤廃している国は、日本帰国後の制限が撤廃されれば、すぐにでも旅行ができる国々です。こちらの記事では、すでに日本人の入国を受け入れている中南米の国々をご紹介していきます!

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/riskmap/

中南米エリア:いつから海外旅行に行ける?(7/8現在)

ティカル遺跡<グアテマラ>

ティカル遺跡<グアテマラ>

現在、中南米(カリブ含む)約43の国と地域のうち、35の国と地域が日本人の入国制限の緩和を正式に発表しています。

アシカの赤ちゃん<ノース・セイモア島/ガラパゴス>

アシカの赤ちゃん<ノース・セイモア島/ガラパゴス>

とはいっても入国後14日間の自主隔離を要請している国もありますので入国が可能だとしてもぬか喜びは禁物です。また今後感染者数が増えると規制されることも考えられますので、出発できるまでは油断はできません。それらの国に安心して旅行するにはまだまだ時間がかかりそうですね。

日本人の入国がOKな国(7/8現在)

テオティワカン遺跡「太陽のピラミッド」<メキシコシティ>

テオティワカン遺跡「太陽のピラミッド」<メキシコシティ>

現在、以下の国は日本国籍であれば、コロナウイルス陰性証明書の提出や入国後の隔離措置がなしで入国が可能です。
コスタリカ,コロンビア,ドミニカ共和国,メキシコ ※メキシコは空路での入国は制限なし

チチェンイツァ遺跡・ククルカン神殿<チチェンイツァ>

チチェンイツァ遺跡・ククルカン神殿<チチェンイツァ>

3か国いずれも基本的には入国制限はありませんが、米国乗り換えの場合は、アメリカ行きフライト出発前3日以内に取得した新型コロナウイルス検査の陰性証明の提示等が必要となる為、注意が必要です。※メキシコは陸路による米国からの入国は不要不急の移動制限あり。また、2021年6月21日までグアテマラおよびベリーズへの陸路国境閉鎖、不要不急の出入国不可。

日本人の入国はできるけれど・・・まだまだ規制のある国(7/8現在)

カラフルな街並みのグアタぺ<コロンビア>

カラフルな街並みのグアタぺ<コロンビア>

以下の国と地域は現在、制限はありますが入国自体は可能です。
アンティグア・バーブーダ,エルサルバドル, アルバ,セントマーチン,ジャマイカ,キューバ, グアテマラ,グレナダ,セントビンセント・グレナディーン諸島,セントルシア,ドミニカ国,ニカラグア,ハイチ,パナマ,バハマ,バルバドス,プエルトリコ,ベリーズ,ボネール, ホンジュラス,タークスカイコス諸島,エクアドル,ガイアナ,パラグアイ,ブラジル,ペルー,ボリビア,セントクリストファーネイビス,米国領ヴァージン諸島,アンギラ

タフ・ゴングスタジオの壁画<キングストン/ジャマイカ>

タフ・ゴングスタジオの壁画<キングストン/ジャマイカ>

これらの国は入国時に入国前48時間以内発行のコロナウイルス陰性証明書が必要であったり、入国後に14日間の自己隔離などの制限が設けられています。そのため自由旅行はいまのところ現実的な考えではありません。しかし近い将来、そういった規制が撤廃される可能性も考えれますので、期待をもって見守っていきましょう!

日本人が入国できない国々(7/8現在)

イグアス滝に虹がかかる<イグアス滝/ブラジル側>

イグアス滝に虹がかかる<イグアス滝/ブラジル側>

以下の国は現在、一般的な観光での入国自体を受けれていません。
トリニダード・トバゴ,ケイマン諸島, アルゼンチン,ウルグアイ, スリナム,チリ,ベネズエラ,

パイネ国立公園の湖上に浮かぶレストラン<チリ>

パイネ国立公園の湖上に浮かぶレストラン<チリ>

アルゼンチンやベネズエラのエンゼルフォールなどに日本人が安心して旅行するにはもうしばらく時間がかかりそうですね。

日本帰国後の規制について

機関車と私たち<ハバナ>

機関車と私たち<ハバナ>

ところで国籍を問わず海外から日本へ入国する場合、①出国前72時間以内の検査(陰性)証明書の提出②入国時の抗原検査③自宅等で入国後14日間の待機及び「誓約書」の提出がこれまで義務づけられておりましたが、ブラジル含む一部の国からの入国者については一部水際対策が強化されました。

キューバの秘境ビーチ「カヨ・ラルゴ」

キューバの秘境ビーチ「カヨ・ラルゴ」

日本到着後の新型コロナウイルスの検査結果が陰性であっても検疫所が指定した施設等でまずは3日間強制隔離がなされ、入国後3日目に改めて検査し、その上で陰性と判定された場合に、入国後14日間の残りの期間を自宅等で待機するという流れに変更になりました。世界的にワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくと思われた矢先、ここで大きく後退することになったのは残念ですが、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

2021年、中南米への旅行を予約するなら今!

レインボーマウンテン(クスコ近郊/ペルー)

レインボーマウンテン(クスコ近郊/ペルー)

日本帰国後の規制が解禁される前に、「格安のうちに旅行を予約したい!」「旅行の相談をしておきたい!」という方も多いはず。
でもキャンセルチャージがすぐかかるかどうかが不安だったり、検討中の旅行先について「相談した旅行会社のスタッフに知識がなかった」ということや「親身になって相談してくれなかった」ことはありませんか?
その点、海外旅行専門店「ファイブスタークラブ」であれば安心です。企画旅行契約のツアーであれば出発日の30日前以降からしかキャンセルチャージの対象となりません(ピーク期は40日前 ※一部手配旅行のみの取り扱い商品もあるようです。詳細は各旅行会社にお問い合わせ下さい。)。

アルパカとリャマ牧場(アワナカンチャ/ペルー)

アルパカとリャマ牧場(アワナカンチャ/ペルー)

さらにファイブスタークラブのスタッフは定期的な現地視察を行っているため、一般的なツアーでは見つからないような組み合わせやこだわりの旅行のプランニングも得意としています。
コロナ明けの旅行は試しにファイブスタークラブに相談してみては?

ペンギン案内人8号/渡邊 竜一

タイトルとURLをコピーしました