【こんな国あります!!世界の秘境】グレナダ カリブのリゾートアイランド

ナツメグ工場で働く女性たち。

「今度グレナダに行くんだ」と言うと「え、なに?グラナダ?スペイン?」とお決まりのように言われてしまう国、グレナダ。地図上ではたくさん連なるカリブ諸国のうちのひとつで、正直その中で埋もれてしまっている感が強い国でもあります。しかし、実はグレナダはカリブの中でもとりわけ美しいビーチを持ち、見どころの多い島でもあります。今回はまだまだ日本人には馴染みのない地球の裏側の島国グレナダについて、実際に訪れた経験をもとにご紹介していきたいと思います。

グレナダってどんな国?

ビーチでバカンス気分を満喫♪

たくさんの島が連なるカリブ海の小アンティル諸島。その南部、南米大陸にほど近い場所に浮かぶ小島があります。それこそが世界屈指のビーチを持つリゾートアイランド、グレナダです。人口わずか10万人ほどの小国でありながら、その美しい海と観光地化された綺麗な港町が人気を呼び、世界中からたくさんの旅人が訪れています。

こんな綺麗なリゾートホテルもあります!

実はスパイスでも有名なグレナダ。本島であるグレナダ島ではシナモンやクローブ、メース、ナツメグなど様々なスパイスの生産が盛んで、「スパイスアイランド」という別名もあるほど。それらのスパイスはグレナダ料理にもふんだんに用いられており、香り高い風味が特徴的です。
元々イギリスの植民地だったため英語が通じるというのも、グレナダが人気な理由の一つでしょう。宿泊費はどこもお高めでカリブ価格といった印象ですが、せっかくカリブまで来るなら良いリゾートに泊まりたいものです。

グレナダの行き方

アメリカ系の航空会社は3時間前にはチェックインしておくと安心。

多くのカリブ諸国がそうであるように、グレナダもアメリカ・マイアミ経由で行くのが一般的です。しかし日本からマイアミへの直行便はないので一度アメリカの別の都市で乗り換える必要あり。グレナダへの接続便も飛んでいないので、マイアミで1泊して一度体を休めるのがオススメです。

クルーズ船もよく停泊するグレナダ。港は活気があります。

実はかなり入国審査をしっかりやるグレナダ。問題が無ければすぐに入れるとは思いますが、運悪く何かに引っかかってしまった私。やたら質問をされるかと思いきや別の場所に移動させられ、今度はスーツケースなどすべての荷物を隅から隅までチェックされる始末。こんな細かくやられたのは世界中旅していて初めてのこと。カリブの国ってもっと適当だと思ってたのに…おかげで入国審査だけで40分ほど時間を取られたので、グレナダでは余裕を持ったスケジューリングにしておいた方が良さそうです。

グレナダのツアー

セントジョーンズの港町。カラフルな建物が並びます。

人気のリゾート地ではあるものの、日本でのグレナダの知名度は決して高いとは言えません。そもそもグレナダ単体のツアーというのは全くと言っていいほど無く、ほとんどがカリブ海クルーズのツアーになります。クルーズは旅慣れていない人などには楽で良いかもしれませんが、言ってしまえば究極の団体旅行なので、ゆっくり巡りたい人にはあまり向いていません。グレナダを扱う旅行社のほとんどが団体旅行をメインにしていますが、中には個人旅行で手配をしてくれる会社もあるので自分の旅のスタイルに合った旅行社を選ぶと良いでしょう。

水上タクシーに乗って島をラクラク移動!

たくさんの島々から成るカリブ海。もしグレナダと一緒に巡るならどこの島がいいのか迷ってしまいますよね。実はひとくちにカリブ諸国と言っても、その島によってどこの島と結びつきが強いかは異なります。基本的に元々同じ国の植民地だった島というのは関係が強いようで、グレナダは同じイギリス領であったトリニダードトバゴへのフライトが多く、一緒に巡るのに最適。トリニダードトバゴのポート・オブ・スペインはカリブのハブ空港でもあるので、他のカリブ諸国へ行くのにも便利です。

タイトルとURLをコピーしました