ペルー入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新)

ワイナピチュから見たマチュピチュ(マチュピチュ村)

ワイナピチュから見たマチュピチュ(マチュピチュ村)

ペルーは2020年10月5日より出入国が可能となり、商用の国際線・国内線運航も一部始まりました。もちろんペルー自体が出入国可能でも、日本帰国後の制限が緩和されない限りは安心して旅行できません。しかし、日本帰国後の制限が撤廃されれば、近い将来以前のように旅行に行けるようになるでしょう。こちらの記事では、ペルーの入国規制の現状についてご紹介していきます!

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_261.html#ad-image-0

ペルー:いつから海外旅行に行ける?(5/7更新)

マラス塩田<聖なるインカの谷>

マラス塩田<聖なるインカの谷>

ペルーは出入国可能ですが、新型コロナウイルス感染症(変異株)の感染拡大に伴い、以下の条件が追加となっております。

クスコの町の眺め<クスコ>

クスコの町の眺め<クスコ>

①英国、南アフリカ及びブラジルから入国、または過去14日以内にこれらの地域で乗り継ぎを行った非居住外国人の入国禁止
②英国、南アフリカ及びブラジルからの国際線(ペルーに到着する便)は運行停止③全ての入国者は出発地の搭乗ゲートにおいて、ペルーへの直行便の出発72時間以内のPCR検査陰性証明又は抗原検査陰性証明の提示が必要
④全ての入国者はペルー入国管理局のホームページにて、ペルーへの直行便の出発前72時間以内のオンライン誓約書の提出が必要
⑤全ての入国者は入国後、自己負担にて新型コロナウイルス抗原検査を受けることが必須、陰性であれば強制隔離なし。陽性の場合は14日間強制隔離となる。
⑥ペルー入国後14日以内に出国する場合は、出国審査の際に、入国後に実施した新型コロナウイルス抗原検査の陰性証明の提示が必要。同証明の提示がない場合は、強制隔離が終了していないものと見なされ出国不可。

ただし乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

ナスカの地上絵、トンボ<ナスカ>

ナスカの地上絵、トンボ<ナスカ>

ペルーが日本人の受け入れを許していたとしても、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。例えばアルゼンチンはペルーと同じ南米に属する国ですが、日本人のみならず観光客の受け入れを開始していません。

ウロス島 島のマーケットにて<ウロス島>

ウロス島 島のマーケットにて<ウロス島>

チリは2020年11月23日から入国可能(空路限定かつサンチアゴのみ)となりましたが、入国後、10日間の強制隔離が実施されています。このように各国によって状況は異なりますので、周遊旅行をお考えの場合は、最新情報を入手し、しかるべき準備をしておくことが必要です。

日本帰国後の規制について

アルパカとリャマ牧場(アワナカンチャ)

アルパカとリャマ牧場(アワナカンチャ)

ところで国籍を問わず海外から日本へ入国する場合、①出国前72時間以内の検査(陰性)証明書の提出②入国時の抗原検査③自宅等で入国後14日間の待機及び「誓約書」の提出がこれまで義務づけられておりましたが、2021年4月28日よりペルーからの入国者について一部水際対策が強化されました。

民族衣装を着る子供たち<オリャンタイタンボ>

民族衣装を着る子供たち<オリャンタイタンボ>

日本到着後の新型コロナウイルスの検査結果が陰性であっても検疫所が指定した施設等でまずは3日間強制隔離がなされ、入国後3日目に改めて検査し、その上で陰性と判定された場合に、入国後14日間の残りの期間を自宅等で待機するという流れに変更になりました。世界的にワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくと思われた矢先、ここで大きく後退することになったのは残念ですが、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました