【こんな国あります!!世界の秘境】まるでアフリカ!?西半球の最貧国ハイチ

もはや名物になったカラフルなトラック。すごい原色です!

世界最貧国の一つとも言われるカリブの秘境ハイチ。国民の大半が1日1ドル以下の生活を余儀なくされているこの国は、識字率が低く失業率も約70%。カリブにあってまるでアフリカのような国なのです。そんなレッテルを貼られたハイチですが、実はその歴史は知れば知るほど興味深く、見どころも豊富!今回は、記事を読めばきっとイメージが変わる国ハイチの知られざる魅力ついて、実際に訪れた経験のある私がご紹介していきたいと思います。

ハイチってどんな国?

カラフルな町並み。この雑多とした感じがアフリカらしい。

リゾートのイメージが強いカリブ諸国の中で一際異彩を放っている国ハイチ。先ほどハイチを「アフリカのような国」と称したのは、なにもその貧しさによるものだけではありません。実は国民のほとんどがアフリカ系黒人であるこの国。原色で彩られた建物や、人で溢れた町並みはアフリカらしい雰囲気を感じずにはいられません。

いつも賑わっているカパイシャンの市場。豪快に肉の塊がどーん!

実は1804年に世界初の黒人による共和制国家としてフランスから独立をしたハイチ。しかしながら、災害や度重なるストライキによって今なお混乱が続いています。貧困問題が起因した治安の不安定さから決して初心者向けの国とは言えませんが、見るべき箇所はたくさん!現地の人も打ち解けると非常にフレンドリー。旅慣れた人にほどおすすめしたい国の一つなのです

ハイチへの行き方

アメリカン航空のファーストクラス。これで行ければどれだけ楽か。

カリブにあるハイチへはアメリカ経由で行くのが一般的です。マイアミからハイチの首都ポルトープランスへ直行便が出ているのでまずはそこへ飛ぶのですが、日本からマイアミまでは直行便がないのでニューヨークやダラスを経由。最低でも計2回の乗り継ぎになります。また、ハイチ第2の町カパイシャンへもマイアミから直行便があります。一般的なルートはアメリカン航空利用で、羽田→ダラス→マイアミ→ポルトープランス又はカパイシャンという空路。接続便がないので途中マイアミで1泊となります。

実は綺麗な無人島ビーチがあるハイチ。クルーズ船が立ち寄ることもあるそう。

さすがに地球の裏側なので超長距離フライトですが、寝たり映画を見ていたら意外とあっという間。アメリカ系の航空会社は日本語対応の映画も豊富なのが嬉しいところです。
また、地続きになっているドミニカ共和国から陸路で国境越えすることも可能。渋滞やトラブルを起こすこともしばしばあるので、滞在期間が短めなら空路での移動をおすすめします。

ハイチのツアー

遠景だとなんか綺麗っぽい!(笑)

まだまだ一般的でないハイチ旅行。日本でハイチのツアーを取り扱っている旅行社を見つけるのはなかなか難しいでしょう。
先述した通りハイチは他のカリブの国々と違って治安が不安定な国。航空券だけ買って現地で自由にまわるというのは、よっぽど旅慣れている人でない限りトラブルが多いのでオススメできません。現地を知り尽くしたガイドと共に観光をするのが無難です。

カパイシャンにあるシタデルには要塞跡らしく砲弾や大砲がゴロゴロ。

ハイチの魅力が詰まっているのは首都ポルトープランスではなく、第2の町カパイシャン。そのため、ハイチには「ちょっと立ち寄る程度」ならカパイシャンに行くのが良いですが、もし数日滞在するなら両都市に訪れるのも違いが分かって面白いはず。
また、ドミニカ共和国や他のカリブの国々とのコンビネーションツアーもオススメです。いずれにしてもハイチ旅行を専門にしている旅行会社に相談するのがベストでしょう。

タイトルとURLをコピーしました