魅惑のカリブ海の国々 おすすめ観光スポット ベスト10  その1

セントビンセント・グレナディーン諸島のカヌアンの海

世界203か国を旅し、かつてはスキューバダイバーとして世界の海を潜り歩いた経験を持つペンギン案内人2号。中でもカリブ海の島々は大好きで、20島あまりを制覇。ダイビングスポットだけでなく美しい白砂ビーチにも詳しく、今回は海とビーチと町、文化など広い観点からカリブの国々ベスト10をチョイスしてご紹介します。バハマやジャマイカだけがカリブではありません。実はもっといろいろ隠れたお薦めの島々があるのです。あなたも今度のバカンスはカリブの秘島にハイダウェイはいかが?

アンギラ 果てしなく続く白砂ビーチはカリブでNO1

アンギラに数多いビーチのひとつミーズベイビーチ

カリブ海の秘境と呼ばれるイギリス領のアンギラ。セントマーチンの隣にある細長い島国です。カリブの海に美しい海はたくさんありますが、アンギラの海はトップレベル。美しく透き通った海はどこまでも続き、島中にたくさんある白砂ビーチの美しさはため息もの。それでいてほかの島に比べて人も少ないので、海もビーチも独占気分を味わえる極上のカリブの楽園なのです。

キャプジュルカのホテルのビーチ

フランス語でウナギを意味するアンギラは細長い島のいたるところにそんな美しいビーチが存在し、海に面した素敵なリゾートホテルが点在しています。私の一押しホテルはカップジュルカ。果てしなく続く美しいビーチに面して建つ白亜のリゾートで、世界のセレブが訪れ、プロポーズにふさわしいホテルランキングでもトップクラス。
セントマーチンから船で20分。日帰りも可能ですが、泊まらないと絶対にもったいないビーチが待っているのです。

セントビンセント・グレナディーン諸島 非日常のセレブ感を味わう

トバゴキーはスノーケリングにもベストスポット。ウミガメも見えました

カリブ海の中で私がこよなく愛する島々は南東部に位置するセントビンセント・グレナディーン諸島にあります。初めて滞在してすっかり魅了されたのが「ブティセントヴィンセントリゾート」という離れ小島のリゾートでした。世界のセレブが専用セスナやヨットでやって来る上質のリゾートですが、裸足で過ごすナチュラル感もあって最高。私がカリブにはまった原点のホテルでした。

カヌアン空港への足はこんな小さなフライトとなる

その後滞在したのは「ラッフルズ・カヌアンリゾート」。こちらはダイビングやスノーケリングの最高のスポットのひとつトバゴキーに近く、スノーケリングを楽しみました。ひたすら透明な海で、海底をスイスイ泳ぐウミガメもスノーケリングでばっちり観察できました。旅慣れたトラベラーが静かに過ごすカリブのリゾートでは、日常の疲れを癒しのんびりくつろぐのにも最高です。(その後このリゾートは経営が変わり現在はマンダリン・オリエンタル・カヌアンとして営業しています)

ケイマン諸島 治安のいいダイビングパラダイス

セブンマイルビーチはグランドケイマン一の美しさ

ダビングパラダイスとして知られるケイマン諸島。イギリス領のため治安のよさと人あたりのよさはカリブ随一。中でも16世紀頃難破船の船員や海賊が住みついた歴史を持つグランドケイマン。初心者向きのスティングレイ(エイの意味)シティと呼ばれるエイに餌付けができるスポットが有名です。浅瀬に集まるたくさんのエイが頭の上に乗ったり、大接近。めったにできない貴重な体験をしたのです。

大型豪華客船も停泊するグランドケイマン

北部にある「タートルファーム」では、生まれたばかりの赤ちゃんガメから大型のカメまで1万匹以上を飼育しています。生後2ヶ月の子ガメと記念写真を撮ることも。
美しいビーチを目指すなら、セブンマイルビーチは見逃せません。この島は大型クルーズ船の停泊地となっているので、クルーズで訪れることも可能ですが、できれば2~3泊してゆっくりダイビングなど楽しんでほしいところです。

タイトルとURLをコピーしました