今注目のエコツーリズム発祥の地!コスタリカに行く5つの理由

つぶらな瞳がキュートなジャングルのアイドル、ナマケモノ!

国土の約四分の一が保護区に指定されているというコスタリカ。日本人にはあまり馴染みがない国だと思いますが、近年注目されているエコツーリズム発祥の国として知られ、映画「ジュラシックパーク」の舞台にもなりました。そんな大自然が生み出す独特の生態系はバードウォッチャーや昆虫愛好家にとってまさに聖地!ここではそんな魅力あふれるコスタリカに行くべき5つの理由を、実際に訪れてその魅力に憑りつかれた私がご紹介していきたいと思います。

野生のナマケモノに出会えるから

笑っているみたいで可愛い!!前日雨が降っていたので毛がしんなり気味

ジャングルのアイドル的存在であるナマケモノ。中南米のあちこちに生息していますが、コスタリカのアレナル火山国立公園でもよく観察することが出来ます。恐らくナマケモノと言うと、「1日のほとんどを寝て過ごしている」「やたら動きが遅い」といったマイナスなイメージがほとんどでしょう。しかし彼らの生態は実は非常に奥が深く、面白い!1日平均8gほどしか食事を摂らないという、非常にエコな暮らしをしているナマケモノ。地上に天敵がいるため一生のほとんどを木の上で過ごします。

ナマケモノツアーに参加したスタッフとゲストと一緒にナマケモノポーズ!

コスタリカではそんなナマケモノウォッチングが盛んで、望遠鏡越しに彼らの生活を垣間見ることが可能!常に笑っているかのような愛らしい顔をしたナマケモノを見ていたら、ほっこりした気分になること間違いなしです。

自然に囲まれたコスタリカの天然温泉が気持ちいいから

緑に囲まれた温泉はなんとも絵になる!

火山が多いコスタリカには実は温泉の文化があります。とは言っても日本のように疲れをとる為にのんびり浸かる感じではなく、自然のプールのような雰囲気。アレナル火山の麓にあるタバコンホテルの敷地内にはテーマパークのように大きい天然温泉がいくつも湧いていて、ホテルの宿泊者だけでなくゲストも入ることが出来ます。

よく冷えたドリンクを飲みながらの温泉はまさに快適!

滝のように流れ落ちるものや小さい池のようなもの、プールのようにバーが併設されているものまであって、まさに充実のひと言。いつも多くの観光客で賑わいますが、迷子になってしまいそうなほど広大な施設なので、中にはプライベート感覚であまり騒がしさを感じずに入れるエリアもあります。日本の温泉のように体の芯まであったまるような熱さではありませんが、南米らしい木や花に囲まれながら浸かる温泉はまた新鮮で趣あり!旅の疲れを癒すのにぴったりです!

生き物の宝庫、熱帯雲霧林のウォーキングが出来るから

この大自然がこの地特有の生き物を生んでいます。

自然環境の保全を大切にした観光行動をいわゆるエコツーリズムと言いますが、コスタリカにあるモンテベルデはそのエコツーリズムの聖地とも呼ばれる場所です。カリブ海から来る湿った空気によって一年を通して霧と雨がもたらされるこの地は、世界的に見ても特殊な環境。そのためここでしか見られない鳥類や哺乳類、昆虫が多く存在し、多くの愛好家たちの憧れの地ともなっています。

ガイドさんの案内で森林を探索します!

なんと植物だけでも2500種類以上、鳥類も400種類以上がこの地に生息しているというから驚きです!さながら自然の博物館であるモンテベルデ。生き物が好きな人にとってここ以上の楽園はそうそうないでしょう。観光の目玉であるモンテベルデはコスタリカに訪れるなら絶対外せない、おすすめスポットです!

タイトルとURLをコピーしました