旅好き女子が選ぶペルーベスト7

クスコの広場に集まる子供たちの笑顔

インカ帝国の数々の遺跡や、ナスカの地上絵のような謎に包まれた場所が旅人を魅了する南米の国ペルー。国土面積が日本の3倍もあるペルーには、コスタ(海岸砂漠)、セルバ(熱帯森林)、シエラ(高地山岳)という3つの気候区分があり、魅力は場所によってかなり異なっています。そんなペルーのたくさんの魅力を、一か月ペルーに滞在し、思う存分満喫した旅好き女子の私が、絶対に訪れてほしい観光地ベスト7に込めてご紹介します。

インカ帝国の空中都市マチュピチュ

雲がなく青空が映えるマチュピチュ遺跡

標高2,400m超えの山々の尾根に築かれた、インカ帝国の空中都市マチュピチュ。スペインの侵略によりインカの都市は破壊されましたが、マチュピチュはその場所の特性から侵略されることがなく、現在に至るまで、堂々と美しい姿を保っています。失われたインカ帝国の文化を今に伝えるマチュピチュは、周辺に広がる手付かずの自然とともに世界遺産にも登録されているのです。

ワイナピチュの道は険しいが登り切ればマチュピチュの違った姿が見られる。

マチュピチュ遺跡の背後にそびえる切り立った山ワイナピチュ。その頂上からは一味違ったマチュピチュを楽しむことができます。入場規制がされていて事前予約が必要ですが、登る価値は絶対にあります。ただ、山は断崖絶壁でかなり歩き辛い道なので、足元に細心の注意を払いながら登りましょう。

「へそ」を意味するインカ帝国の首都クスコ

オレンジ色の屋根で統一されたクスコの街並みを一望

かつてインカ帝国の首都として繁栄し、スペインによって征服されてしまったクスコ。そんなクスコの街並みは、インカならではの美しい石組みがスペインのコロニアル様式の建物を支えているという極めて美しいものです。

アルマス広場は多くの人が集まり賑わっている。

観光の中心となるのはアルマス広場。インカ帝国時代も、スペイン征服時代も街の中心でした。この広場を起点として、美しいクスコの街並みを楽しみながら観光しましょう。インカの石組み技術の素晴らしさがわかる12角の石や、スペインの征服者が息をのむ程美しかったという太陽の神殿(コリカンチャ)は広場のすぐそばです。また、ピアスやポーチなどの可愛いグッズも周辺でたくさん売られているので、お土産探しにも最適です。

海抜3,980mに位置する巨大なチチカカ湖

トトラで作られた頑丈な船でチチカカ湖クルーズ。

アンデス山脈のほぼ中央に位置する町プーノ。こじんまりとしたプーノで最も有名なのは、汽船が就航する湖としては世界で最も標高の高いチチカカ湖です。その海抜は富士山よりも高い3,890m!広さも驚くことに琵琶湖の約12倍あり、広大な湖の中にはウロス島やタキーレ島といった島々が存在します。その中でも必ず訪れたい島が、トトラという葦科の植物を組み上げて作られた浮き島・ウロス島です。

小さい子も含めて家族全員で観光客を出迎えてくれる。

ウロス島へは、プーノの桟橋からモーターボートに乗って約40分。少々長めの船旅を終えてウロス島にたどり着くと、世界中の国の歌を歌って出迎えてくれる住民の方々。私が行った時はチューリップの歌を日本語で歌ってくれました。植物で作られた島の踏み心地はというと、フカフカとしている一方、強く踏んでも壊れないほどしっかりとしているという、今まで体験したことがないような不思議な感覚でした。

タイトルとURLをコピーしました