中南米のエキスパート渡辺がおすすめする 中南米ベスト10

ウユニ塩湖でトリック写真撮影(ウユニ)

多くの国を旅行したけれど、中南米にはまだ行ったことがない、という人は多いのではないでしょうか。日本の正反対に位置していることから敬遠しがちですが、マチュピチュやウユニ塩湖など、中南米は絶景・秘境の宝庫です。壮大な自然が創り上げた絶景は、時に見る者の人生観を大きく変えるほどです。まずは実際にどんな絶景スポットがあるのか知りたい!そんな人のために、かつてペルーの遺跡発掘の仕事をするほど中南米好きの私が、独断と偏見で選んだ「見所ベスト10」をご紹介します。

世界遺産の中でも誰もが認める偉大な人類の遺産マチュピチュ遺跡(ペルー)

死ぬまでに見たい絶景 マチュピチュ(マチュピチュ村)

今地球上に登録されている1000箇所以上の世界遺産の中でも常に人気上位にあがるマチュピチュ遺跡は、ペルーの山の中にひっそりと存在しています。16世紀半ば標高2400mの山の中に都市を造っていたのです。入口は狭く、そこから少し上るといきなり目の前に現れるマチュピチュ。背後にはワイナピチュと呼ばれる山が聳え、テレビや写真で見たあのマチュピチュそのものです。

ワイナピチュからのマチュピチュ遺跡<マチュピチュ村>

遺跡内を歩くと、神殿や住居跡などに用いられている美しい石積みから当時の技術の高さを知ることができるでしょう。神秘なる空中都市は訪れてはじめてその偉大さを実感できる遺跡です。

神秘の水晶砂漠 「レンソイス」(ブラジル)

神秘の水晶砂漠レンソイス(バヘリーニャス)

世界には様々な砂漠がありますが、ブラジルのレンソイス砂漠は、ほぼ100パーセント石英が積もってできた、世界的にも珍しい真っ白の水晶砂漠です。大西洋から少し離れた内陸に吹きだまる砂の一粒一粒は水晶の結晶で、世界一細かく世界一白いと言われ、世界に二つとない絶景を作り上げています。

神秘の水晶砂漠レンソイス(バヘリーニャス)

そんな水晶砂漠の雨季である1~6月に、沖縄県とほぼ同じ面積の砂漠に出現する無数のラグーン(池)は、エメラルド・グリーンを基調として、光の加減によってそれぞれが異なる色で輝きを放ちます。
空と砂と水が創りだす絶景。まるで夢の国か物語に出てくる天国のような景色は一見の価値ありです!

一生に一度は行ってみたい絶景 憧れのイースター島(チリ)

アフ・トンガリキにて<イースター島>

イースター島はチリ本土の沖合約3800Kmに浮かぶ絶海の孤島で、古代部族が残した巨石像モアイで知られています。島内にはモアイ像が約1000体あり、大きいもので高さ9メートル、重さが90トンにも達します。これらは何のために作られ、どうやって運ばれたのかが未だに謎に包まれています。中でもおすすめはモアイの製作工場跡といわれている「ラノ・ララク」です。約400体のモアイが山麓のいたるところに埋もれている様は圧巻です。

モアイの製造工場 ラノ・ララク<イースター島>

日中に様々なモアイ像を見て回るのも当然この島の楽しみ方の1つですが、モアイ像を更に美しく見るには朝日や夕日とともにモアイ像を眺めることをお勧めします。イースター島最大の15体のモアイが並ぶ「アフ・トンガリキ」での朝日鑑賞や「タハイ儀式村」の夕日鑑賞は要体験で、朝日や夕日」に染まるモアイ像の姿は、あまりにも美しく神秘的です。

タイトルとURLをコピーしました