情熱とグルメと絶景の宝庫!きっと何度でも行きたくなるブラジル MY BEST10

コルコバードの丘から見下ろしたポン・ジ・アスーカルとグアナバラ湾。

南米大陸の約半分もの面積を占め、世界では5番目に大きな国、ブラジル。その広大過ぎる土地の中で、アマゾンやイグアスに代表される大自然や、大西洋に面する無数のビーチ、そして南半球最大の都市サンパウロ、etc… ブラジルの「顔」を挙げたら枚挙にいとまがありません。また、日本含め、世界中からの多くの移民によってもたらされた多種多様な文化が混在しているのも魅力のひとつ。何度訪れても飽きることのない国、奥深いブラジルの魅力をほんの少しだけご紹介致します。

ブラジルで一番「日本らしい」場所、サンパウロのリベルダージ(東洋人街)

「大阪橋」に掛けられたリベルダージの象徴、赤い鳥居。

初めてブラジルに行って一番驚いたのが日系人の多さでした。元来ブラジルはアフリカ、アジア、ヨーロッパ、世界中からの移民で形成された人種のるつぼ、サンパウロだけでも現在100万人以上の日系人がいると言われています。私のような日本人がポルトガル語で道を尋ねられることも(!)。そんなサンパウロの中でもっとも”日本らしい”世界が広がるエリア、それがリベルダージです。

大人気のラーメンKAZU。日系人のみならず、いつも多くのブラジリアンで賑わう。

かつて日本からの移民が集い、「日本人街」として発展したエリアですが、時とともに中国系、韓国系の方が増え、日本人街から現在の「東洋人街」=リベルダージとなりました。現在もその活気は健在で、ラーメン屋、日本食レストラン、日本食材屋等々、多くの店舗が軒を連ねています。我々と同じ顔をした日系2~4世の方々の流暢なポルトガル語が聞こえるたび、伯移民の歴史に自然と思いが巡らされます。

コルコバードの丘 Morro do Corcovado

コルコバードの丘からのリオの街並み、奥に見えるのがポン・ジ・アスーカル。

ブラジルと言えばおそらく誰もが思い浮かべるイメージがこの「コルコバードの丘のキリスト像」ではないでしょうか。標高710メートルの丘の頂上に、高さ30メートルの両腕を広げた形の巨大なキリスト像が。像のある頂上へは登山電車で登ることができ、晴れた日にはリオのもう一つの名勝「ポン・ジ・アスーカル」を含め、リオの街全体を見渡すことが出来ます。

巨大なキリストの像、実はブラジルの独立100周年を記念して建てられた。

眩しいばかりの青空がイメージのリオですが、意外に曇りの日も多いです。程度によるものの曇りの日はキリスト像がすっぽり隠れてしまうことしばしば、せっかく像のある頂上まで登っても地上への視界どころか近距離のキリスト像まで全く見えなくなってしまうことも!リオに滞在する際は、天気の良い日は真っ先にコルコバードの丘へ行って下さい。逆光の関係で午後よりは午前の早いうちがおすすめです。

リオのカーニバル Carnaval do Rio

会場のサンボドロモを設計したのは伯モダニズム建築の父、オスカー・ニーマイヤー

今やリオデジャネイロの名物となったカーニバルは2月~3月上旬に行われ、毎年なんと100万人以上の観光客が訪れています。ただ踊っているという訳ではなく、24ものチーム対抗戦で、本戦の2日間は上位12チームで競い、その年の優勝チームが決まります。各チームの持ち時間は65~75分間、1パレードにつきなんと2,500~3,000人編成!参加者のカリオカ(=リオっ子)達は毎年生活の全てをこのカーニバルに注いでいます。

各チームの巨大な山車の制作費用は、数千万から、なんと一億を超えるものも!

カーニバルは夜9時頃からスタート、その後明け方6時頃まで各チームのパレードが繰り広げられます。観光客用のSector9は完全予約席なのですが、周りが盛り上がって立って踊ったりする為背の低い私は見えなくなるという受難も。でもご安心下さい、疲れ切ってそのうち周りは脱落していきます。専用カードさえあれば会場へは何度でも入退場可。是非翌朝まで残って全チームのパレードを堪能しましょう!

タイトルとURLをコピーしました