私の弾丸キューバ旅

民族衣装を着た女性と私たち
国民に敬愛される革命家チェ・ゲバラは国のシンボル

国民に敬愛される革命家チェ・ゲバラは国のシンボル

カリブ海を代表する島国キューバ。国内の各地にみどころが散らばっていますが、コンパクトな都市が多く、1週間ほどあればある程度は網羅できます。そんなキューバで必ず訪れたいおすすめの場所をピックアップしてみました。スペイン統治時代のコロニアル建築やそこらじゅうを走るレトロなアメ車など、フォトジェニックな場所やモノも多いため、写真好きな方には被写体天国と言っても過言ではありません。さらに、音楽文化も根強いキューバ。目でも耳でもパワフルで陽気な世界を堪能できる、唯一無二の独特な雰囲気を満喫しましょう!

今も愛される革命家チェ・ゲバラの足跡をたどる

新市街の革命広場にある大きなチェ・ゲバラの肖像

新市街の革命広場にある大きなチェ・ゲバラの肖像

キューバを語る上で外せない英雄エルネスト・ゲバラ(1928-1967)。チェ・ゲバラという愛称で親しまれる彼は、アメリカの影響が強かったバティスタ政権を1959年に打倒した、キューバ革命を率いた人物です。彼ゆかりの地は、ハバナを中心に点在しています。主な場所はハバナ旧市街の革命博物館、共産党本部などの政治中枢が集う新市街の革命広場、広場に面するホセ・マルティ記念博物館などがあります。

第1ゲバラ邸宅にある力強いゲバラの肖像画

第1ゲバラ邸宅にある力強いゲバラの肖像画

特に、ハバナのカサ・ブランカ地区にあるカバーニャ要塞と第1ゲバラ邸宅、そしてサンタ・クララという都市にある霊廟は一見の価値あり。要塞や邸宅には、彼が使用していた私物や写真など多くの遺品が展示されています。霊廟の中は静かで神秘的な空間となっており、彼を慕う人々が穏やかに祈りを捧げます。出発前に予習しておきましょう!

キューバはヘミングウェイのお気に入りが詰まった宝箱

ヘミングウェイが常連だったバー「フロリディータ」

ヘミングウェイが常連だったバー「フロリディータ」

キューバを代表する偉人はもう一人います。約20年間キューバに暮らしながら物語を紡いだ作家である彼の名は、アーネスト・ヘミングウェイ(1899-1961)。代表作は『老人と海』『誰がために鐘は鳴る』など。行動的で、世界を旅した彼はその人生の約3分の1をキューバで過ごしたそうで、ここキューバには彼と関り深い場所が多く残っています。

フィンカ・ビヒア邸宅内部はカントリー調の家具で統一

フィンカ・ビヒア邸宅内部はカントリー調の家具で統一

ハバナ郊外にあるフィンカ・ビヒア邸は彼が当時住んでいた邸宅で、『老人と海』を執筆した場所としても有名です。また、小説の舞台となったコヒマル海岸の近くにあるラ・テラサというレストランは彼の行きつけで、定位置だった窓際の席が保存されています。ハバナには行きつけのバーが2つと、邸宅購入前に滞在していたホテルがあり、利用していた511号室は博物館として公開されています。文豪気分で巡ってみましょう☆

趣深い旧市街・博物館・要塞を巡る朗らかな昼のハバナ

博物館では本格的なジオラマで歴史も学べる

博物館では本格的なジオラマで歴史も学べる

キューバの首都であり、観光の中心地であるハバナ。特に世界遺産の旧市街と要塞群はキューバの歴史を物語る趣深い場所です。旧市街はアルマス広場を中心に小さくまとまっています。コロニアル風建築の市立博物館や、18世紀初頭建立の重厚なカテドラル、キューバを代表するラム酒「ハバナ・クラブ」の博物館に葉巻工場など、見どころが詰まっています。

大砲は隣に立ってみるとこんなに大きい!

大砲は隣に立ってみるとこんなに大きい!

中でも要塞群は見学必須!カリブの港ハバナは欧州の海軍や海賊の標的とされたため、スペインが要塞化に着手し、16世紀にフエルサ要塞が築かれました。当初木造だった要塞は海賊の襲撃で焼失しましたが、後に石造りで再建。その後プンタ要塞、モロ要塞、カバーニャ要塞が造られ、より強固な港となりました。ハバナの町並みも綺麗に見えるため、フォトスポットとしてもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました