【こんな国あります!!世界の秘境】野鳥と音楽の国トリニダードトバゴ

スチールパン練習場
カロニ湿原 マングローブが生い茂る

カロニ湿原 マングローブが生い茂る

日本から見て地球の裏側に位置し、あまり馴染みの無い国トリニダードトバゴはカリブ海に浮かぶ比較的大きな島国です。カリブには30の主権国家、海外県、属領がありますが、正直地図上で見ただけでは「どこも同じようなものなんじゃないの?」と思われる方もいるでしょう。
しかし実際に訪れてみると国の数だけそれぞれ違った魅力を持つカリブ海諸国。トリニダードトバゴはその中でもとりわけユニークな国の一つです。
今回はそんな未知なる国トリニダードトバゴに迫っていきたいと思います!

トリニダードトバゴってどんな国?

真っ赤な姿が特徴的なスカーレットアイビス

真っ赤な姿が特徴的なスカーレットアイビス

カリブ海最南端に位置するトリニダードトバゴ。1日あれば1周できるような小さな島国が集まる中で、この国の規模は群を抜いています。トリニダードトバゴの面積は千葉県よりやや大きい約5,000㎢。人口も100万人を超えており、まさにカリブを代表する島国と言えます。
そんなトリニダードトバゴの民族構成は非常に特徴的。元々イギリス領だったこの国では、国民の大半を植民地時代に農園労働者として連れてこられたインド系の人々と混血系が占めます。そのためトリニダードトバゴの国民食はインドでもよく食べられるカレー風味のロティ。カリブ海に居てインドらしさを感じるとは…なかなか面白い経験です。

カカオ農園見学

カカオ農園見学

なんとなくカリブ海諸国と言うと「海が綺麗で陽気な場所」といったような、同じような印象を抱きがちですが、トリニダードトバゴはその広い国土や民族的な背景から、ユニークな文化を持つ国です。
特にトリニダードトバゴを語る上で外せないのが「鳥」。なんと国内に約430種類もの鳥が生息していて、この規模の国土でこれだけの鳥が見られるのは非常に珍しいのだとか。そうした理由からトリニダードトバゴはバードウォッチャー達の間でもメッカ的存在になっており、それぞれの鳥専門のガイドもいると言うから驚きです。

トゥリニダーエントバーゴって何?

ポートオブスペインに建つカテドラル

ポートオブスペインに建つカテドラル

トゥリニダーエントバーゴ…お察しの通りトリニダードトバゴのことなのですが、実はこれは現地訛りの言い方。トリニダードトバゴだけにとどまらずカリブ海一帯ではこうした現地語訛りの英語がよく話されます。隣国のバルバドスという国も、一般的な英語では「バルベイドス」という発音ですが、現地訛りになると「バルビードス」。発音はもちろんアクセントも違うことがあるので、聞き取りにくく感じることもあるでしょう。
そして先ほどもお話した通り、トリニダードトバゴの人口の大半を占めるのはインド系や混血、そして同じく植民地時代に労働者として連れてこられたアフリカ系です。そのため公用語は英語ですが、ヒンディー語やフランス語、クレオール語などが使われているのも特徴的。宗教に関しても同様で、国民の60%はキリスト教を信仰していますが、次いで多いのがなんとヒンドゥー教。インド系の人が人口の3割以上を占めているので当然と言えば当然ですが、本国から遠く離れたカリブの島でヒンドゥー教が信仰されているとはなんともユニークです。

ポートオブスペインの街並み

ポートオブスペインの街並み

治安のことを心配した方がいい国は、カリブ海ではハイチと並びここトリニダードトバゴも当てはまります。なんとなくカリブの穏やかなイメージがあるかもしれませんが、他のカリブ諸国と比べても大きな街である首都ポートオブスペインは治安が悪い傾向にあります。なのでどの国にも言えることですが、とりわけこの街では貴重品は持ち歩かない、夜は出歩かないなど最低限自衛しておくことが重要です。出来ればガイド付きで観光した方がベターだと、現地在住の日本人がアドバイスしてくれました。

トバゴ島で民泊した両親の話

ラム酒を1杯!

ラム酒を1杯!

トリニダード島から飛行機で30分ほどの場所にあるトバゴ島。首都のあるトリニダード島よりも小さな島で、サンゴ礁と青い海が美しい島です。
私自身はトバゴ島に降り立ったことはないのですが、私が生まれるよりも前に両親は訪れた経験があり、そこでの思い出は一生忘れられないのだと語ります。特に宿の予約もせず行き当たりばったりの旅をしていた2人。その日は空港で客引きをしていた女性の宿で泊まることにしたのだとか。空港から車で約30分、一面畑が広がるような田舎町にあるのは決して綺麗とは言えない宿。夕飯も出ないと言われ、仕方なく歩いて1時間ほどのビーチへ食べに行ったのでした。

トリニダードトバゴ名物ロティ

トリニダードトバゴ名物ロティ

しかし食べ終わって帰路につく頃には辺りは真っ暗。街灯も無く道も分からず2時間以上も島内を彷徨ってしまいます。道を尋ねようにも人もおらず困り果てていたところ、現れたのは1台の車。ちょうどいい、この人に道を聞こうと近寄ってみると、なんと運転していたのは宿泊先の奥さん。あまりに帰りが遅いからと心配して探しに来てくれたんだと言います。
出会ったばかりの日本人にこんなに親切にしてくれるなんて…と痛く感激した2人。以来両親にとってトリニダードトバゴは特別な国なのです。

タイトルとURLをコピーしました