メキシコに魅せられすぎて遂には住んでみた私がおすすめするメキシコ10選

 width=

不思議なおじさんin貝。メキシコシティの国立人類学博物館であなたを待っています。

日本の約5倍の面積の国土に35個もの世界遺産を誇る、実は世界でも有数の観光大国メキシコ。コロニアル調の可愛らしい街並みや神秘の遺跡群はもちろんのこと、美味しいコーヒーに喉越し最高のビール、シラントローたっぷりのタコス・アル・パストール、独特の色彩のアート、情熱的なサルサ等々、私の大好きなものが全て詰まっている言っても過言ではありません。そして何より、目が合えばにっこりと微笑む屈託のないメヒカーノスの懐の深さやいかに。是非ご自身で感じてみて下さい。魅惑のメキシコの旅へ、いざVamos!

UNAM メキシコ国立自治大学 (Universidad Nacional Autónoma de México)

フアン・オゴルマンの巨大壁画が圧巻、UNAM中央図書館

メキシコシティ南西部にある、ラテンアメリカで最大規模を誇る大学。キャンパスの広さ約700万㎡とちょっとした町ひとつぶんの大きさ(!)と、その広大さゆえ、大学のエリア一帯が「C.U.」(Ciudad Universitaria=大学都市)と呼ばれています。

メキシコあるある風景のひとつ、人目も憚らずラブラブのカップル。

見どころは何といっても、オゴルマンによる大規模な壁画に四面を埋め尽くされた中央図書館。4つの壁画はそれぞれ、アステカ文明、スペイン植民地時代、太陽と月・宇宙・科学・政治、そしてUNAMの校章と現代メキシコといったテーマとなっているそうですが、その細部にわたる造形たるや一見の価値あり。また大学らしく、広い中庭にはフットサルに夢中な学生、芝生に寝ころび愛を語らいあう恋人達、メキシコらしい眩しい若者で溢れています。そんな風景を眺めつつ、つかの間の学生気分を味わってみてはいかがでしょう。

サン・アンヘルの土曜市 Bazar del Sábado

色とりどりのGusanos(芋虫)のアレブリへに一目惚れ

色とりどりのアレブリヘやテナンゴ刺繍、セルビン焼やタラベラ焼などなど、見ているだけで心躍るメキシコ雑貨の数々。シティではシウダデラやMercado Artesanal Mexicanoなどの市場だけでなく至る所の露店等で買うことが出来ますが、是非一度行ってみて頂きたいのがバサール・デル・サバド(Bazar del Sábado)。

可愛いメキシコ雑貨にテンションUP↑↑サン・アンヘルでは物欲が爆発します

メキシコシティで指折りのオシャレ地区、サン・アンヘル(San Ángel)のサン・ハシント広場(Plaza de San Jacinto)周辺で、毎週土曜日に行われる民芸品とアートの市場です。他の市場や露店で売っているものより全体的にお値段は少しお高め、でもそのぶん質も良し。雑貨のみならずアンティークや絵画等、メキシコらしい一品を生産者やアーティストから直接購入することが出来ます。

タスコ Taxco

丘の上のキリスト像(Mirador)からタスコの街が一望できます

メキシコシティから南西へ約170㎞、18世紀の壮麗な建物が並ぶ、かつて銀の採掘で栄えた小さな街。コロニアル風の白い家々が美しく、シティの喧騒とは打って変わった穏やかでのんびりとした時間が流れています。タスコは銀製品が有名な街。見ているだけでうっとりするような繊細な模様の銀細工の数々、街を歩けば職人さんの素敵な作品に出会えることも。

街のどこからでも見えるタスコのシンボル ”サンタ・プリスカ教会”

このタスコの良いところは、シティからバスで片道3時間というアクセスの良さ。同じようなコロニアル調が美しいグアナファトやサンミゲルデアジェンデ等と比較しても、段違いの近さで、時間の限られる旅行者の方でも、ものすごくお手軽に行けちゃうんです。非常にこじんまりとしていて1日あれば街のほとんどを見て回れますが、坂(それもかなり急)が多く、石畳の街なので、スニーカーなど歩きやすい靴がマストです。

タイトルとURLをコピーしました