世界遺産の旧市街と革命の歴史が漂う、キューバの首都ハバナ!

革命家、チェ・ゲバラのグラフィティ。未だに街にはゲバラが溢れかえる。

キューバという国にどんな印象をお持ちでしょうか。社会主義?革命?ラテン?今回はキューバの首都、ハバナを訪れたら楽しみたいことベスト10をご紹介したいと思います。
キューバはアメリカのフロリダ州の南に位置する、カリブ海最大の島です。カストロやチェ・ゲバラの率いる革命軍が政権を打倒した革命戦争から60年ほど、キューバは社会主義の国として歩んできました。クラシックカーやコロニアルな街並みが独特な空気を醸し出し、旅人を魅了します。

ハバナといえば旧市街!情緒漂う街並みが魅力

旧市街では街のいたるところで生演奏が行われている

ハバナはキューバの首都です。200万人が暮らす大都市には旧市街と、高層ビルが立ち並ぶ新市街がありますが、観光の見どころは旧市街。旧市街は世界遺産に登録されているのです。旧市街のメインストリートであるオビスポ通りは旧市街の中でも昔ながらの面影を残す通りで、通りにはギターの生演奏に突然踊りだす陽気な人々や観光客で今も人通りが絶えません。

淡いオレンジ色が目印のアンボス・ムンドス・ホテル

オビスポ通りにあるホテル、アンボス・ムンドスにも足を延ばしてみましょう。ここは小説「老人と海」で有名なヘミングウェイが常宿としていたホテルです。彼の宿泊していた511号室はちょっとした博物館になっています。屋上のレストランからは旧市街を見渡すことができます。

キューバを代表するお酒、ラム酒の博物館。

陽気なスタッフがツアーの待ち時間も盛り上げてくれる

キューバではラム酒が有名です。ハバナ・クラブのボトルはお酒に興味のない方でも見たことがあるかもしれません。ハバナにはラム酒ハバナ・クラブ博物館があり、見学ツアーに参加して歴史と製造過程を知ることができます。

精巧なミニチュア!ユーモアあふれる英語ガイドさんの解説も人気の秘密

1930年のラム工場を再現したミニチュアは大変精巧で、想像していたよりも興味をひかれます。原料となるサトウキビを運ぶ蒸気機関車がリアルな工場を走り回る姿は、子どもでなくても心躍るはず。12にも及ぶ工程を見学したあとは、バーでハバナ・クラブのテイスティングができます。日本でも工場見学は人気ですが、ハバナでも見学ツアーは人気で大盛況です。

ラム酒を使ったお酒、モヒートならこのお店!

内装も素敵なラ・ボデギータ・デル・メディオ

工場を見学したら、次は実際にお酒を楽しみたいですね!ラム酒を使った有名なカクテル、モヒートが有名なお店がハバナにはあります。「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」は常に賑わう有名店です。こじんまりしたお店ではライブバンドが陽気な音楽を奏で、お店の外ではモヒートを飲みながら踊るのが定番。ラム酒にミントを加えた目にも爽やかなお酒は、味もさっぱりとして暑いキューバにぴったりのお酒です。もちろんお酒以外にもレストランとして食事も楽しめるのでお子様連れにもおすすめ。ヘミングウェイが通ったお店としても有名です。

タイトルとURLをコピーしました