【こんな国あります!!世界の秘境】カリブ海の美しき島セントクリストファー・ネービス

ブライムストーンヒル要塞
首都バセテールで出会った子供 笑顔が愛おしい

首都バセテールで出会った子供 笑顔が愛おしい

「セントクリストファー・ネービス」と聞いてカリブの国の名前ですね。と分かる人はかなりの旅好きだと思います。私が子供の頃、「世界の動き社」が発行していた世界の国一覧表というデータ集に、世界の国旗というページがあり、その国旗を眺めてはまだ見ぬ国に思いを馳せていました。世界中には沢山の国があります。どんなに沢山旅に出る機会があってもまだまだ知らない国に訪問するときのドキドキは変わることはありません。今回はセントクリストファー・ネービスという国について皆さんにご紹介していきたいと思います。

セントクリストファー・ネービスってどんな国?

船で到着時の玄関口 ポップでかわいらしい埠頭

船で到着時の玄関口 ポップでかわいらしい埠頭

セントクリストファー・ネービスは、西インド諸島の小アンティル諸島内のリーワード諸島に位置する、セントクリストファー島(セントキッツ島)とネイビス島の2つの島からなる島国です。1943年(その時まだ日本は戦国時代)にクリストファー・コロンブスが発見しました。そして1983年にイギリスから独立した英連邦王国の一国たる立憲君主制国です。

ドレッドヘアーがワイルドなロバ引きのお兄さん

ドレッドヘアーがワイルドなロバ引きのお兄さん

総面積は日本の西表手島と同じぐらいの小さな島国で、人口は5,2441人(2018年現在)ほど。南北中アメリカにおいて一番小さな国ですが、カリブ海の美しさと、火山を持つ起伏ある地形や豊かな自然を持つことから世界中のクルーズの寄港地として人気があり、なんと人口の20倍以上の100万人を超える人が1年間にクリストファー・ネイビスを訪れる人気観光島国なのです。

セントクリストファー・ネービスへの行き方

乗客乗員数を合わせると4000名にもなる巨大客船

乗客乗員数を合わせると4000名にもなる巨大客船

飛行機の場合、セントクリストファー・ネービスは日本からの直行便はないので、アメリカ経由で向かいます。乗り継ぎの関係でマイアミなどで前後泊は必要ですが、そこは考え方次第!長いフライトよりも体力的に移動が楽になることや、マイアミなら延泊して、世界遺産のエバーグレーズ国立公園やキーウェストへ行くなど、1つの旅でアメリカと周遊も一緒に楽しめちゃいます。

海に浮かぶ動く楽園巨大客船はプールやスライダー

海に浮かぶ動く楽園巨大客船はプールやスライダー

船の場合は、プエルトリコ発着のクルーズ船を利用するなどカリブ海クルーズの周遊ツアーで訪れることも可能です。大型客船のクルーズは動くホテルに乗って島々を移動するので、この世の天国といっても良いくらい、食べる、遊ぶ、眠る、海外旅行する、そのすべてをこれでもか!というくらい楽しむことが出来ます。一度クルーズ船の快適度を知ったら虜になってしまうかもしれません。

セントクリストファー・ネービスへのツアー

ブリムストーンヒル要塞にて海と空の境目がたまりません

ブリムストーンヒル要塞にて海と空の境目がたまりません

セントクリストファー・ネービスへ行こうと考える時、まずオススメしたいのはセントクリストファー・ネービスを訪問した人に話が聞ける旅行会社に相談することです。今はネットで何でも自分で手配できるかもしれません。でもセントクリストファー・ネービスのどのあたりに宿を予約すると便利なのか、オプショナルツアーは何が自分の旅のスタイルに合うのか、相談して旅をスタートする方がより良い旅になることは間違いありません。

旅先で撮影した写真はつい年賀状にしたくなります

旅先で撮影した写真はつい年賀状にしたくなります

私は以前家を建てるときに、なんでも思ったことを専門家に伝えて相談するといいんだよ。と建築事務所に勤める友達に助言をしてもらいました。「案ずるより産むが易し」身構えずに、思い切ってどんな旅がしたいのか伝えてみて、良い個人旅行のツアーに出会えればきっと人生の財産になるような旅行に出会えると思います。

タイトルとURLをコピーしました