ニカラグア・エルサルバドル・ホンジュラス・パナマのおすすめ観光地ベスト10①

パナマ運河ミラフローレス門
カリブの楽園「コーン・アイランド」

カリブの楽園「コーン・アイランド」

日本から遠く、南米諸国と比べても情報が少ない中米。極上のビーチリゾート「コーン諸島」やコパン、ホヤデセレンなどのマヤ文明の遺跡群、「星の王子様」に登場するイダルゴ火山、グラナダなどのインスタ映えするカラフルな街並み。更に世界の海上交易の重要ハブ「パナマ運河」など、実は欧米人に人気の世界遺産や観光地が数多くあります。本稿ではそんな中米の中でも存在感が薄い国ニカラグア・ホンジュラス・エルサルバドル・パナマの知られざる魅力についてご紹介します。

植民地時代の町並みが残る古都グラナダ(ニカラグア)

町では可愛らしい馬車も走ります<グラナダ>

町では可愛らしい馬車も走ります<グラナダ>

グラナダは中米最大の湖であるニカラグア湖に面した湖畔の町。1524年にスペイン人のフランシスコ・エルナンデス・デ・コルドバによって現在のニカラグア領内で最初に建設されました。グラナダの人口はおよそ11万人で、ニカラグアの中では4番目に大きな都市です。

コロニアルな街並み<グラナダ>

コロニアルな街並み<グラナダ>

ニカラグアの古都として知られており、観光客にも人気があります。現在でも伝統を重視した生活を営む人が多く、町全体にもどことなく落ち着いた雰囲気が漂っています。カラフルな建物や教会、町には観光用の馬車が走り、タイムスリップしたような気分が味わえます。

レオン・ビエホ遺跡群とレオン大聖堂(ニカラグア)

世界遺産・レオンビエホ(レオン)

世界遺産・レオンビエホ(レオン)

スペイン植民地時代の1524年に建設されたレオン・ビエホ遺跡群は、南アメリカ大陸で最初につくられた植民地の一つで、後の植民地の町作りの手本になったとも言われています。1960年代以降の発掘調査により、植民地時代に建てられたサンタ・マリア・デ・ラ・グラシア大聖堂や、ラ・マルセド教会、修道院や軍事施設など17の建築物がみつかっており、2000年には世界遺産にも登録されました。

レオン大聖堂とレオン新市街(レオン)

レオン大聖堂とレオン新市街(レオン)

世界遺産に登録されているのは、旧市街のレオン・ビエホ遺跡なのですが、レオンの町もおすすめです。レオン・ビエホが噴火や地震などで放棄された後、17世紀初頭につくられた町で、現在もスペイン植民地時代の建物が残っています。中でも中米最大のカテドラル「レオン大聖堂」はレオン・ビエホ遺跡群に次いで世界遺産に登録されており必見です。

濛々とガスを噴出するマサヤ火山(ニカラグア)

もくもくとガスが上がるマサヤ火山<マサヤ>

もくもくとガスが上がるマサヤ火山<マサヤ>

マサヤ火山国立公園にあるマサヤ火山は一帯で最も活発な活火山です。スペイン人が最初に文献に記した1524年以降、少なくとも19回噴火が確認されています。最新の噴火は2003年のもので、その際は上空4600mまで噴煙が上がったというから驚きです。常に活動を続けているこの山は定期的に噴火を繰り返し、溶岩を噴出する代わりに絶え間なく濛々とガスを噴出しているのです。

マサヤ火山<マサヤ>

マサヤ火山<マサヤ>

先住民の時代、この噴火口は「地獄の口」と言われ、その怒りを鎮めるために子供や処女を生贄として噴火口に投げ込む宗教儀式をやっていたそうです。その後スペイン人の入植者がやって来て、悪魔を封じ込めるためにこの場所に十字架を建てました。この火口へは車を降りてすぐ行くことができるので、ニカラグアを訪れた際は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました