【こんな国あります!!世界の秘境】ドミニカ国観光ガイド 丸ごと自然だけの島国

フルーツが島中でたわわに実るまさに楽園

フルーツが島中でたわわに実るまさに楽園

カリブ海にはドミニカという名の付く2つの国があります。ひとつは比較的有名なドミニカ共和国。普通ドミニカと言われるとこちらを思いつく人がほとんどでしょう。でももうひとつ、カリブ海に浮かぶ小さな島国「ドミニカ国」というのがあるのです。独立国なのに佐渡島くらいの大きさです。公用語は英語、ドミニカ共和国はスペイン語なので全く違います。2つのドミニカはともにコロンブスが発見したけれど、スペイン領だったドミニカ共和国と異なり、こちらはフランス人が最初に入植後1805年にイギリスの植民地となり後独立。まったく別世界の小さな、でも魅力あふれるドミニカ国をご紹介しましょう。

ドミニカ国ってどんな国?

島中が緑であふれる自然の島

島中が緑であふれる自然の島

親指しかない右足の形、それがドミニカ国の島の形です。大きさは佐渡島位。カリブ海の中ではマルティニークの北に位置している奥地の島で、ドミニカ共和国とは大きさも場所も全く異なります。国際線のフライトが着くメルビルホール空港は島の北東部に位置する田舎の駅のような小さな空港。首都のロゾーの町は島の南部にあって所要1時間15分ほどで、町のホテルに向かう道中がまさに島内縦断なのです。飛行機が着陸する時も一面のジャングルと深い山々が真近に迫り、峰にぶつからないかハラハラするほどだったけれど、あぜ道のように曲がりくねった道を走っていると、この国がいかに自然にあふれているかを思い知るのです。

大型クルーズ船が首都ロゾーに 停泊

大型クルーズ船が首都ロゾーに 停泊

カリビアンクルーズのクルーズ船がよく停泊する島としてドミニカ国は有名です。大きなクルーズ船が停泊するのはロゾーの港で、クルーズ船がいる間はたくさんのクルーズ客が上陸して賑わいます。出航していなくなれば、この島はガランと静まり返るのです。クルーズ客以外の観光客が少ないせいで、リゾートホテルも少ないのが納得です。クルーズ船のいない時に訪れたら、この素朴で自然豊かな島を独占できるのでおすすめなのです。

カリブのネイチャーアイランド、でもビーチはないです

緑が多く、花がたくさん 咲くドミニカ国

緑が多く、花がたくさん 咲くドミニカ国

ガイドのピーターソンさんはこの島のことを「カリブのネイチャーアイランド」と呼んでいました。緑と花々の美しさ、たわわに実るたくさんのフルーツ。マンゴ、パパイヤ、コーヒー、バナナ、グレープフルーツ、アボカド、シナモン、レモングラス、パンの木、パッションフルーツなどなど、まるで植物図鑑みたいになんでも生えているのです。見ていてワクワクが止まりません。
大自然の島なので動植物は豊富で、鳥類も170種を超え、世界最大のカブトムシであるヘラクレスオオカブトなど希少な昆虫も多いそうです。

フォートヤングホテルはビーチがないけどプールあり

フォートヤングホテルはビーチがないけどプールあり

島にはカリブによくあるゴージャスなリゾートホテルは存在しません。私が泊まった「フォートヤングホテル」は島では高級ホテルとされていますが、4つ星のカジュアルなホテルで、ロゾーの町の海に面したところにありました。ちょうど目の前に大型クルーズ船が停泊していました。もちろんクルーズ客は船内に泊まるので、ホテルには観光客は少なめです。
カリブ海の波がザバーッと打ち寄せていますが、ビーチはありません。カリブで美しい白砂ビーチがない国は珍しいほどです。島民も海水浴をする習慣はあまりないのかも。

ジュラシックパークみたいな世界遺産の国立公園

世界遺産のエメラルドプール

世界遺産のエメラルドプール

ガイドさんの案内で島めぐりに出かけました。ドミニカ共和国やキューバのようにコロニアルな街並みがあるわけでなく、名所旧跡があるわけでもありません。手つかずの自然があるだけ、でもその自然が格別に美しい。だからこそのネイチャーアイランドです。
世界遺産に指定されている「モーン・トロワ・ピトン国立公園」。標高1300mの山があり、人気のハイキングコースがあります。熱帯雨林の中を分け入っていくと、急にパラパラと雨が降ってきたりして熱帯のムードも満点。カシューナッツの花が咲いています。ガムの木は削って匂いを嗅いでみたり、シナモンの木も幹の皮を削って匂いを嗅がせてもらったり、道中も楽しみがいっぱいです。
「エメラルドプール」と呼ばれる澄み切った天然のプールがありました。小さいながら滝もあって、ジュラシックパークの世界に入り込んでしまったような気分です。

人っ子一人いなかったエメラルドプール

人っ子一人いなかったエメラルドプール

地元の人たちも海で泳ぐよりも、ひっそりと涼しいこうした天然のプールでひと泳ぎを楽しんでいるようです。それにしても不思議なことに、公園に入場するチケット売り場には観光客はおろか係員すらいません。土産物屋らしき数軒の屋台もクローズして売り子もいません。聞けば、週に1回クルーズ船が来る時だけオープンするそうです。ちょうどクルーズ船は出航していなくなったので、今はお客さんもいないわけです。これほど極端に島内の人口が変化する島も珍しいでしょう。おかげでエメラルドプールもほとんど独占状態で楽しむことができたのです。

タイトルとURLをコピーしました