【こんな国あります!!世界の秘境】バヌアツ・自然の神秘に溢れる島

映画のロケ地にも使われたポート・オルリーの景色

映画のロケ地にも使われたポート・オルリーの景色

バヌアツという名前を聞いても、どんな国かパッと思い浮かぶ人は少ないのではないでしょうか?そもそもバヌアツという国の存在自体、一般的にはまだまだ知られていません。
でも、バヌアツは実は旅行にかなりおすすめの国の一つ。綺麗な海と大自然が豊かに残され、現地の人たちもあたたかく迎えてくれます。そして意外にしっかりした宿泊施設も揃っています。その為、大自然の中での探検や伝統文化とのふれあい、はたまたリゾートステイまで実現できる国となっています。まずはバヌアツがどんな国なのか、ちょっと覗いてみませんか?

バヌアツってどんな国?

高級リゾートも充実しているので、ホテル選びの楽しみも。

高級リゾートも充実しているので、ホテル選びの楽しみも。

バヌアツはオーストラリアの東側、ニューカレドニアのさらに東にある島国です。南北に伸びた約1,200kmの範囲に83の島が点在しています。首都はエファテ島にある町ポートビラ。オーストラリアからの旅行客が訪れるので、リゾートホテルも多く、アクティビティも充実しています。

ジャングルに囲まれた神秘的なリリ・ブルーホール

ジャングルに囲まれた神秘的なリリ・ブルーホール

観光客がよく訪れる島はたいてい限られていて、バヌアツ最大の島エスピリッツサント島には、美しいビーチやブルーホールがあり、ダイビングスポットとしても有名です。まだ島の半分は未開のジャングルで、原住民たちが暮らしています。
そのため、バヌアツではリゾートステイと原住民のビレッジツアーなど異色の組み合わせを楽しめますよ。なお、バヌアツの人々の共通語はビスラマ語ですが、英語とフランス語も公用語になっているので、言葉が全く通じないということはないでしょう。

バヌアツへの行き方

ウミガメと触れ合えるNAIWE BEACH

ウミガメと触れ合えるNAIWE BEACH

日本からバヌアツへの直行便はないので、ニューカレドニアやオーストラリア、ニュージーランドなどを経由して向かいます。
エアカランを利用してニューカレドニア経由で行く場合、フライトスケジュールの都合でニューカレドニアに宿泊が必要です。どちらも滞在してみたい人にはぴったりですね。

市場には南国らしい野菜やフルーツが並びます。

市場には南国らしい野菜やフルーツが並びます。

あるいはニューギニア航空であれば、第3国で宿泊することなく、乗継ぎ・経由だけでバヌアツへ行くことができます。成田空港を夜に出発し、翌日にはポートビラに到着しますよ。
複数の航空会社を乗り継いで行くこともできますが、乗継ぎが増えてしまいますし、遅延や欠航の際の対応が難しくなるので、同一の航空会社でまとめて予約する方が安心です。

バヌアツのツアー

タンナ島のビレッジツアーで出会った子供たち

タンナ島のビレッジツアーで出会った子供たち

バヌアツにいざ行ってみようと思っても、ガイドブックもほとんどなく、入手できる情報が少ないのが現状です。旅の計画に迷ったら、旅行会社のツアーを利用するのが便利です。バヌアツはまだ日本人にはほとんど知られていませんが、秘境専門やリゾート専門の旅行会社ならツアーを取り扱っているところもありますよ。

国内線の受託荷物は10kgまでなので、離島に行くなら荷物は少なめに。

国内線の受託荷物は10kgまでなので、離島に行くなら荷物は少なめに。

バヌアツの国内線はスケジュール変更がよくあるので、自分で対応するのは大変。ツアーで申し込めばサポートを期待できます。そうした旅行中のトラブルの可能性も考えると、やはり専門の旅行会社を選ぶと安心です。
さらにポートビラの「メラネシアン・ホテル」にはホテル内に日本人常駐の旅行社のオフィスがあるので、ここに泊まればツアー手配や旅行中の相談などもできて、かなり心強いですよ。

タイトルとURLをコピーしました