パプアニューギニアの部族の村にホームステイ!マッドマンに会いに行く!

こちらが『マッドマン』の皆さんです。

こちらが『マッドマン』の皆さんです。

多くの言語と民族がひしめくパプアニューギニアには、部族それぞれが持つ独特な仮面やダンスが存在します。その中でもとりわけユニークなのは、泥でできた巨大な仮面をすっぽり頭にかぶったマッドマンではないでしょうか。はたして、仮面の下の彼らはどのような顔をしているのでしょうか。またどのような日常を送っているのでしょうか。電気、ガス、水道も通っていないマッドマンの村にホームステイして、部族の生活に密着してきました!

マッドマンとは?

泥のお面をかぶったマッドマン

泥のお面をかぶったマッドマン

パプアニューギニアは800以上もの民族が暮らすといわれている多民族国家です。地域や村によって風習や文化が異なります。なかでももっとも強烈なのが、ゴロカ近郊の村、アサロ渓谷に暮らすマッドマンです!その名のとおり、泥のお面をかぶり全身に泥を塗った男たちが、不気味に踊る「マッドマンダンス」が有名です。

ひょうきんなお面もあります

ひょうきんなお面もあります

ダンスの由来は諸説ありますが、奪われた土地を取り戻すために、全身泥だらけで亡霊になりすまし、敵を怖がらせ退散させた、という説が有力のようです。ダンスといっても、亡霊なので音楽もなく、武器を振りかざしながら、ソロリソロリと歩くのが特徴的です。泥のお面は、なんと10kg!お面が重いため、素早く動きたくても、動けないのかもしれません(笑)

マッドマンの住むアサロ渓谷への道のり

ハイランド地方の伝統的な住宅

ハイランド地方の伝統的な住宅

パプアニューギニアというと、ものすごく遠い国に感じますが、首都ポートモレスビーまでは日本から直行便で約6時間半の距離。赤道直下なので、ジャングルに覆われた山々、白砂のビーチ、野生動物や珍しい魚など熱帯地方ならではの魅力が凝縮しています。時差もたったの1時間。南米やアフリカよりも、ずっと手軽に行ける秘境なのです!

ゴロカのマーケットで働くお母さんたち

ゴロカのマーケットで働くお母さんたち

ポートモレスビー空港で国内線に乗り換えて1時間ちょっとでゴロカという町に到着します。マッドマンは、そのゴロカからさらに車で約45分ほどのアサロ渓谷に村を作って暮らしています。ゴロカの町から村までは乗り合いのマイクロバスが運行しています。ゴロカでは、マッドマンの住む村のリーダーが待っていてくれて、彼と一緒にマイクロバスで村まで向かいます。もちろん泥のお面はかぶっていませんよ(笑)

歓迎の踊り「マッドマンダンス」

マッドマンの一員に!

マッドマンの一員に!

村に到着すると「マッドマンダンス」が始まります。まずは敵を探す偵察隊が登場。音を立てずにソロリソロリとやってきます。後ろから子どもの小さなマッドマンもついてきます(笑)火起こしの儀式をすると、奥から何人ものマッドマンが!!みんな亡霊を装っていますが、弓矢を持っていてなんとも恐ろしい感じです。弓矢でおどかしてきたり、観客席の後ろから突然現れたり、とひとしきり楽しませたあとは、みんなで写真撮影です。

マッドマンの正体、お面の下はやさしい素顔

マッドマンの正体、お面の下はやさしい素顔

泥のお面をかぶらせてもらいましたが、お、重い…!よくこんな重いお面をかぶって動けますよね。マッドマンは国内で一番メジャーなので、さぞかし観光なれしているのかと思いきや、全くそんなことはありません。みんな汗だくになり一生懸命にパフォーマンスを見せてくれます。マッドマンのお面の下は、村の子供たちや、青年、やさしいおじさんたちでした。

タイトルとURLをコピーしました