【こんな国あります!!世界の秘境】南太平洋の島国サモアの魅力とは?

島一番の白砂ビーチのあるラロマンビーチにて

サモアと聞くとどんなイメージが湧くでしょうか?南太平洋のポリネシアの島々にはタヒチやニューカレドニアなどお洒落な島々があるけれど、サモアはどうでしょうか?ラグビーW杯で活躍したとか?タトゥーを入れた大きな人々のイメージとか?
そこで行ってきました。ペンギン案内人2号は2019年11月、サモアを取材。サモアと言っても2国あります。サモア独立国とアメリカンサモアは全く国が異なります。そして2国の間にはアレが存在しているのです。そのせいで不思議なタイムスリップ??その秘密はこの後おいおいご紹介していきましょう。

サモアってどんな国?

フィピシア滝。ウポル島にはこんな迫力の滝も

知られざる南太平洋の島国サモア。まず断言できるのは、この島がひたすらのどかな田舎だということ。タヒチやニューカレドニアのようにお洒落でもなければ水上コテージとか豪華なリゾートホテルもサモアにはありません。反対にあるのは手つかずの美しい自然美と、心優しい素朴な人々です。名所旧跡というほどのものはこの島になく、あるのは迫力ある自然の造形。

サモア人は男女を問わずタトゥを入れている人が多い

ある程度洗練された料理は数少ない一流ホテルでのみ出されますが、一般的にはサモアでの食事は主食のタロイモや魚で、その多くは屋外で焚火をしながら作るウムという蒸し焼き料理です。その代り食材は新鮮でオーガニック!人々は貧しいながらお互いに助け合って質素でも平和で穏やかに日々の暮らしを楽しんでいるように見えます。訪れる旅人にも優しい人々。ど田舎のサモア人家庭でホームステイしたり、家庭訪問を体験したりもできて、他では味わえないユニークな旅の思い出ができるのです。

サモアへの行き方

ココナツプランテーションは美しい花々も咲き乱れるまさにパラダイス

未知なる島国サモア。ここへ行くルートは意外に簡単です。東京からフィジーのナンディまで直行で約8時間半。そこから乗り継いで首都アピアまで所要約1時間45分。乗継の良し悪しは、予約時にチェックを。また現在コロナのため運休中ですが、就航が再開したらこのルートが最も便利と言えるでしょう。
他にもニュージーランドやオーストラリア経由でもフライトがあります。

巨大洞窟の天然プール、トゥ・スア・オーシャン・トレンチでひと泳ぎはいかが?

またアメリカンサモアのパゴパゴへはアピアから小型機利用で所要わずか30分。隣の村へバスでひょいと移動…位に近いのです。なので見どころを1日弱で回る限りは、サモアからアメリカンサモアは日帰り観光が可能なのです。この2か国間の移動の不思議に関しては文章の後半をご覧ください。

サモアへのツアー

国一番のホテル、アピアのシェラトン・サモア・アギーグレイズ・ホテル&バンガローにて

まだまだ観光客などいない、日本人にも馴染みのないサモアです。この国1か国やアメリカンサモアを入れて2か国だけ行くという人は少なく、フライトの関係で行きか帰りにフィジーも立ち寄りたいという人も多いでしょう。または足を延ばして同じ航空会社で飛んでトンガまでついでに観光するというプランもありかと思います。トンガについては別途私が書いた、【こんな国あります!!世界の秘境】トンガ編をご参照ください。

アピアのローカルバスは超カラフルで可愛い。オーナーの趣味でデザインされる

いずれにしても、団体旅行だと、自分の思い通りのプランのツアーはほぼ見つからず、ツアーはあってもなかなか催行されず、出発日の希望もあわないということになりかねません。それならいっそのこと個人旅行で、自分だけのプランを組んで手配してもらう旅行社を探してはいかがでしょう?その際は現地に詳しく、サモアなどへ渡航経験のあるスタッフがいる会社で、自由自在にアレンジをしてくれる融通の利く会社を選ぶのが秘訣です。またホームステイなど特殊な手配を受けてくれるところもあるので、いっそのことホームステイも体験もしてみては?自分の希望のプランで、サモアを楽しみたいものです。

タイトルとURLをコピーしました