【こんな国あります!!世界の秘境】トンガ王国の秘密

日曜日は腰蓑付けて教会へ礼拝に行く人々にたくさん出会った

古代の伝統を守り続ける熱帯の王国トンガ。南太平洋に浮かび、無人島を含め170余りの島々から成り、現在まで王制が残る唯一の南の島です。植民地になったことがなく、王制の独立国を貫いてきたことを、トンガの人々は誇りに思っています。王室を崇拝し、目上の人を尊敬し、決してどん欲にはならず助け合って暮らしているトンガの人々。そんな人たちに出会いにペンギン案内人2号は2019年末にトンガを訪れました。とっても不思議でとっても心が温まる島国トンガの魅力をご紹介いたしましょう。

トンガってどんな国?

皆さん写真を嫌がらず、いつもにこやかにポーズを取ってくれます

南太平洋に浮かぶ知られざる王国トンガ。首都ヌクアロファがあるのは、端から端まで60㎞あまりの小さなトンガタプ島。総人口も11万人と少なく、のどかな田舎っぽい島国です。自然豊かで、農業と漁業だけでやってきた自国の豊饒な土地や海に感謝して暮らす人々。信仰心が篤く、皆がキリスト教のとても敬虔な信者なのです。

トンガの少年は人懐こくて可愛らしい

王室を敬い、神に感謝しつつ、人々は他の人が困っていたら助けを差し伸べ、それは見知らぬ旅人に対しても同じように親切なのです。独自の伝統を守りつつ穏やかに平和に暮らす人々の素晴らしい国がこのトンガなのです。独特な伝統の不思議はこの後詳しくご紹介します

トンガへの行き方

トンガの離れ小島にも行ってみたい

未知なる島国トンガ。ここへ行くルートは東京からフィジーのナンディ経由でフィジーエアウェイズが就航しています。成田からナンディは直行で所要8時間半。ここで乗り換えてヌクアロファまで所要1時間15分ほど。乗り継ぎの良し悪しは。事前に要チェックです。

トンガタプ島では王様の写真がこうして飾られている

トンガへ行く際にフィジーや、サモアなども周遊するなら、サモアへのフィジーエアウェイズのフライトもあるので、いろいろ回ることも可能です。
ただし現状ではコロナによって運休中なので、運航を開始したらこのルートがお薦め。ほかにもオーストラリアやニュージーランド経由で行きたい場合は、そうしたルートも要チェック。

トンガのツアー

タノア・インターナショナルデートラインホテルがリゾート気分も味わえる

まだまだ観光客は少なくマイナーな国であるトンガ。トンガだけを訪れる観光目的の日本人はほとんどいないでしょう。南太平洋の島々を周遊する場合など、フィジーやサモア、アメリカンサモアと組み合わせたプランを選ぶのがよいでしょう。
でも団体旅行だと、時間制限や出発日の制限があってうまく自分のプランに合わないことが多いので、個人旅行を手配してくれる旅行社を探すのが秘訣。できれば現地に詳しく、オリジナルのプランを組んでくれるところがベスト。

ホエイルスイムスター(クジラと泳ぐ)のメンバーたち

トンガはザトウ鯨が出産のために訪れることでも知られ、トンガタプ島では7月中旬~10月がシーズンとなり、その間はトンガでホエール・ウォッチングも楽しめるのでおすすめです。また美しい珊瑚礁の海が広がるババウ島には世界のヨットマンが憧れる有名なヨットハーバーや素晴らしいダイビングスポットがあります。クジラウォッチングが目的なら、予めそのような手配が必要です。

タイトルとURLをコピーしました