【こんな国あります!!世界の秘境】ソロモン諸島  「永遠の0(ゼロ)」の舞台

島中にこんなきれいなビーチがある。タンベアビーチには第3師団慰霊碑が側にあった

美しい海と激戦地の史跡が共存する国ソロモン諸島。小説「永遠の0(ゼロ)」の舞台として注目を浴びたガダルカナル島。この地は第2次大戦中日米の激戦地でした。清らかな海と緑の木々、花々の咲き乱れる楽園のような島で、その真逆のような凄惨な戦いが行われました。戦闘機や戦車が野ざらしになって残され、海辺には今なお日本戦艦の沈船が姿を見せています。そんな不思議な世界ソロモンのことを、世界203か国を旅し実際にここへも訪れたペンギン案内人2号がご紹介します。

ソロモンってどんな国?

ビル村の戦争博物館のトロピカルガーデンに残された戦闘機の残骸

ソロモン諸島はガダルカナル島をはじめ6つの大きな島と1000余りの小さな島々からなっています。ソロモン全土の人口は50万人余りでメラネシア系の国民が暮らしています。公用語は英語でどこでも通じますが、共通語のピジン語なまりの早口の英語はしばしば聞き直さないと聞き取れないものでした。
首都はガダルカナル島にあるホニアラ。首都とは思えないとってものどかな町です。島民が集まるマーケットも賑わいがあって楽しいので覗いてみるのがお勧めです。また離島では知られざる素晴らしいダイビングスポットもあり、世界のダイバーの穴場となっています。

サンデーマーケットでは新鮮な魚もいっぱい

「永遠の0(ゼロ)」でも出ていた通り、1942年の半年余り、この国は日米両国の激戦地でした。島での観光はもっぱら戦跡巡りなのです。戦跡巡りと聞き、行くまでは陰気くさいイメージだったのですが、行ってみるとそこはまるで印象とかけ離れていました。楽園のように美しい花々の咲くトロピカルガーデンに唐突に捨て置かれたような戦闘機や大砲。あちこちに迫力あふれる不思議な世界を作り出していて、訪れる者を魅了してしまうのです。これがソロモンの最大の魅力と言っても過言ではないでしょう。

ソロモン諸島への行き方

ニューギニア航空の国内線の機材。パプアニューギニアも一緒に周遊してはいかが?

首都ホニアラのあるガダルカナル島へ行くには、成田からニューギニア航空でニューギニアのポートモレスビー乗換えで飛ぶのが最も早く便利なルートです。
ポートモレスビーまでは所要約6時間40分と意外に早いのです。そこからホニアラまでは所要2時間20分。よってトータルの所要時間は9時間ほどとなります。知られざる秘境へのアクセスとしてはかなり早い方です。ただし現在はあいにく運休中。運航を再開すればこのルートがベストといえるでしょう。

ホニアラ上空。いよいよ着陸です

そのルートが取れない場合は、他にフィジーのナンディー経由やオーストラリアのブリスベーン経由のフライトもあります。その旅行でフィジーと組み合わせたい場合やオーストラリアと組み合わせたい場合などはむしろ便利なフライトとなります。

ソロモン諸島のツアー

国一番の高級ホテル、キタノメンダナホテルにいればリゾート気分も

「永遠の0(ゼロ)」で注目を浴びて多少なりとも日本人に知られるところとなったソロモンという国名。でもツアーを組んでいる旅行社はほとんどありません。ニューギニア航空のフライトが就航していた時はパプアニューギニアとのコンビネーションツアーやソロモンだけのツアーなどを組んでいる旅行社がありました。コロナが終息後、航空会社が就航を再開したらまたそんなツアーが再開するはずです。

ドライバーさんたちと

ソロモンのツアーを組むにしても、まず現地を見てその魅力に触れ、その魅力をたっぷりツアーに組み込む必要があります。また自分が行きたい場所をピックアップして、好きな時に好きな日数で行きたいとなれば、団体旅行は絶対に無理です。よって個人旅行を手配してもらうのがベストでしょう。現地に詳しい旅行社のスタッフにいろいろアドバイスを受けながら、本当に見てみたい場所を組み合わせて、自分だけのソロモン旅行を作る。それこそがツアーの理想形と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました